もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界としての図書館

*イキウメ『The Library of Life まとめ*図書館的人生・上』 東京芸術劇場 シアターイースト (2012.11.20)


2012112-_ikiume_1

 一見ごく日常的に思える世界の中にふいに非日常的あるいはSF的な設定が挿入され、それが世界を覆ってゆく不穏さが表現される。またある時はその設定を通じて、共感・共存し合えないこと、互いを理解し合えないことの絶望を鮮やかに描いてみせる。イキウメの作品で受ける大きなインパクトとは、簡潔に言えばそのようなことになります〔過去のレビュー:『散歩する侵略者』(2011.5)『太陽』(2011.11)〕。


 そのイキウメがオムニバス形式でエピソードを紡ぎ、上演してきた「図書館的人生」(Vol.1~3:2006~2010年)から、シリーズをまたいでエピソードを選り抜き、再構成したのが今回の「まとめ」です。とはいえ、ただのアンコール企画や、脈絡なくエピソードが個別に並べられるような類のものではなく、そこには初見再見に関係なく見て取ることのできるひとつのまとまりが存在します。

 本作において、端的にそれは「“世界”が具現化されているものとしての図書館」といえるでしょう。本作で特徴的なのは、過去にオムニバスで上演されたことのある、設定も人物もまったく異なる各エピソードが、すべて大元の舞台である図書館の中で生じているように見えることです。そしてそれらのエピソードが進行してゆく傍らでは、そのエピソードに登場しない人物が、図書館で開架から引いてきた書籍を読みふけっている。つまりそれは、上演中のエピソードが、同時に図書館内に所蔵されている書籍に書かれているものとして、図書館の利用者に読まれていることを意味します(ちなみに個別のエピソードも、それぞれ少しずつ他のエピソードとリンクさせられている)。


 この図書館にある一冊一冊の本には、人物ひとりひとりの生の営みが収められている。一冊一冊が人生であり、それを集積する“世界”として図書館は存在します。この膨大な所蔵書籍のどこかに「自分の本」も存在するはず。けれども、検索もできなければ本の場所も流動的。訳知り顔で「お前に似た本を読んだことがある」などと言い出す輩がいても、そんなものは大抵勘違い。手にとった本(誰かの人生)との偶然の出会いに耽溺し、「自分の本」を気まぐれに探しながら、“世界”としての図書館の周遊は終わらない。終盤、図書館内がそれぞれの書籍(エピソード)の声たちであふれるのは、まさに世界の喧騒。この世界≒図書館の見立てが混在して見えるさまは非常に面白い。


 ただしまた、2時間超の本作が中だるみなく飽きさせないのは、その設定にのみ安住していないから。毎度のことながらイキウメのクオリティに役者陣の安定感と各エピソードの作りの繊細さは不可欠です。白眉は万引きのプロと懸賞応募のプロが、一方的に見える関係から水面下で心を通わせてゆく「いずれ誰もがコソ泥だ、後は野となれ山となれ」のエピソード。非現実的な設定が登場しないこの話の中で、それぞれの理念と身勝手さ、雄々しくなく己を貫くさまの表現、ユーモラスさの塩梅、そしてラストに来る小さな心地よさへの展開は、人間の愛おしさを見せてくれる。このエピソードに関しては再見でしたが、感慨は変わらず鮮烈でした。この話の主演となるそれぞれの「プロ」を演じた安井順平、伊勢佳世の距離感も演技も素晴らしい。


“世界”としての図書館の中で、無数の人生が溢れているさまはまた、いくつもの役柄として様々な設定で幾度も生きる、「役者」たちと重ね合わせることも可能です。合計6つのエピソード(+図書館パート)が交互にあらわれてくる本作では、役者たちが瞬時に別エピソードの異なる役として人格を変え、またあるきっかけで以前のエピソードに戻ってさっきまでの役柄を生きます。ひとつひとつの本が、役者の役柄と設定を引き出すものとして機能していることを考える時、役者が別人格にスイッチを切り替える瞬間が、より興味深いものとして抽出されてくる。特に伊勢佳世の“奪衣婆”への切り替わりは格別に素晴らしかったです。

「自分」の人生が書かれた本を手にすることができたとして、それを読み進めている「現在」とその本との間にはどのような関係が生じるのか。ふと浮かぶそんな疑問にケリをつけるような安井順平の最後の言葉は、一人の人間としての「自分の本」への向き合い方と、役者としての彼ら彼女らの生が重ね合わされるようで、清々しく綺麗でした。
 作品全体に漂う明るい基調も相俟って、イキウメのタッチの繊細さと役者陣の巧みさとが、気持よく堪能できる作品になっていたかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/104-6e5c4843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。