もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客席の笑いと饗宴性・再考(何回でも)

*芸術祭十月大歌舞伎 『恋女房染分手綱』『奴道成寺』『魚屋宗五郎』『藤娘』 歌舞伎座                                                  (2008.10.20)


歌舞伎のいわゆる「時代物」に登場する子役は、言葉の意味や文節など考えていないような棒読みの台詞回しで演技します。それはもちろん上手いか下手かというようなことではなくて、それが伝統芸能としての定式なのであって、どの子役にも同じように台詞を語らせる。時にその表現法は、「物事がわかってなさそうな幼児」を現出させる効果を生むし、演目によってはそれは周囲状況の凄惨さや哀しさを際立たせます。

とはいえ、その甲高い棒読み演技は、新たに歌舞伎を見ようとする人が引き受けなければいけない前提事項の中でも、煩わしいもののひとつではあるかと。固定化された長々とした棒読みは聞き取るにも意味を追いづらく、耳慣れなければ我慢して聞くものになりがちです。
また、内容如何ではなく、子供が棒読みながらがんばって演技している、そのことに対して観客が「温かい」笑い声を立てることはお馴染みの光景ですけれども、これもまたストーリー展開を追おうとすれば不可解な笑いに感じられることが少なくありません。


『恋女房~』(通称「重の井」)では、姫君の乳人重の井(中村福助)の生き別れの息子として11歳の馬子(坂東小吉)が登場します。密通により生んだのちに立場上生き別れ、主君の配慮により乳人として仕えることになった身としては、再会した息子を受け入れることはできず「私を母であるなどと言うな」と泣く泣く突き放す、という場面。突き放し突き放され、互いに詮無い事情を飲み込んで別れようとするとき、母の重の井が名残惜しく息子を呼ぶ。諦めて出て行くほかない息子も、呼びかけられるとたまらず大きく返事をして駆け寄る。劇中もっとも涙を誘う、泣かせのシーン。ところが、呼び止められた息子が「アイ」と返事をして母に駆け寄ると、場内はけっこうな量の笑い声に包まれるのです。「がんばっている」子役の甲高い返事と、踵を返して母に駆け寄る姿に笑っているわけです。これはつまり、物語上の展開よりも、子役の姿そのものの「微笑ましさ」を求めている、対愛玩物の眼差しであるかと。

前から書いてますけれど、このような歌舞伎の見方を否定する気はないんですよ。歌舞伎は多分にアイドルを見に行くものなのだし。芸を見る、というのもひとつの姿勢だし、アイドルそれ自体の魅力で満足することも同等にひとつの姿勢です(そもそも「芸」と「アイドル的魅力」は峻別しがたいのだけれど)。玉三郎や海老蔵がアイドルであるのと同様、歌舞伎の子役もやはりアイドルなのだから。

じゃあなんでまた書くかっていうと、一方で歴然と劇でもあるから。たとえば歌舞伎の劇評はその劇とか演技を評価するわけですよね。少し上に「芸を見る」と書きましたが、その姿勢。時代物の子役の演技だって評価対象なわけで、劇中の無邪気やけなげさは、哀切や凄惨を対照的に際立たせる機能を持ったりするんですよね。子役の演技法が棒読みであることは、役としての「物事のわかっていない子供」を創出し哀切を際立たせる効果を含んでいたりもする。

子役たちの「がんばり」を「温かい」笑いへと回収してしまう客席の姿勢はこのとき、子役たちが際立たせるはずだった物語性をしらけさせてしまう可能性を持つことになるのです。それでまた、棒読みであることは観客が当の子役その人自身を(役柄としてじゃなく)「物事のわかっていない子供」として眼差すことにも繋がりやすく、容易に「微笑ましさ」を読み取ってしまうことにもなっているのです。


結局、何がひっかかっているかというと、劇としての感情の展開と、客席の笑いという反応とが、えらく乖離していないか、ということなのだと思います(いや、たとえば映画とか観てて泣かせのシーンで苦笑することはあるだろうけどさ、それともちょっと違うし)。

ちなみに今回の坂東小吉は、子役としては台詞、動き共にスマートさがあり、時代物の子役を見慣れない人にとっても、比較的だれずに観ることができたタイプなのではないかと。自分のやっている役をある程度理解しているように感じられました。一方でそれは、「何もわかってない子供」に見えないゆえに、物語の上で哀切を殺いでしまうことになるのでしょうか。わかりませんが。


物語があまり意識されていない笑い、ということで言えば、三演目めの『魚屋宗五郎』もしかりでしょう。
武家の磯部主計之助に見初められて屋敷に奉公(まあつまりは妾として)していたお蔦が、讒言によってあらぬ不義密通の疑いをかけられ、磯部(見初めた本人ですね)に手討ちにされる。妹お蔦を殺された魚屋宗五郎は、「妹を奉公させる見返りに一家は磯部から恩義を受けているから」と、はじめは怒りを押し殺して家族をなだめたりしている。そのうちに妹の同僚が見舞いの酒を持ってあらわれ、その同僚の話によって讒言のことや磯部がきちんと詮議をせずに妹を手討ちにしてしまったことなどが明らかになると、ついに宗五郎は冷静でいられず酒に手をつけて、勢いにまかせて角樽一本分を飲みきってしまう(禁酒していたので、久しぶりの飲酒であることも手伝って)。


この、酒を飲む場面が宗五郎役の見せ場となっていて、久しぶりの酒を勢いよく飲んで徐々に酔ってゆくさまをたっぷりと見せるのですが、この酒を「リアル」に飲み酔っ払うシーンもまた、客席に大いに笑いが生じる場面です。しかし、禁酒を破ることにしろ、酔って恨み言をいって暴れることにしろ、このあと当の磯部の屋敷に乗り込むことにしろ、ここでの宗五郎の行動原理は、実の妹を理不尽に殺された悲しみであるはずです。ドラマとすれば、やりきれない悲しさが前面にあらわれるはずの場面かと。しかし、悲しみゆえの自暴自棄的な飲酒が、ここでは純粋に客を沸かせるための爆笑のシーンとして形成されているわけです。客席の爆笑という反応は、役者が酔っ払いの演技をリアルに見せる、そのことだけに集中している。これまで幾度も繰り返しているように、このときの笑いという反応は、舞台上のアイドルへの眼差しであるので、否定するべきものではない。それはそうなのだけれど、本来のストーリーに付随しているはずの悲惨性が放置されたような反応に出会うと、やはり何か居づらさは覚えてしまいます。


最終的に、酔って磯部の屋敷に乗り込んだ宗五郎は、酔いがさめると恐縮しきり、出てきた磯部が謝罪し、宗五郎家族に経済的保証と讒言した家来の成敗を約束して、宗五郎が喜びハッピーエンドな空気で幕。
磯部はものわかりのよい人という役柄で描かれているのですが、磯部の、上司としての安易な判断で宗五郎の妹は殺されたわけで、謝った上で「経済的保証するから」「讒言した犯人は殺すから」でハッピーエンドでは本当は納得がいかない。安易に部下の嘘を信じ込んで、拙速に宗五郎の妹を殺したのは「磯部」、あなたなわけですよ。この磯部のことを「いい人だなあ」って、だまされてますよ、それ。


ストーリーにこだわれば、そういう不可解さがひっかかるのですが、歌舞伎はなにせ「饗宴」です。虚構(物語)と現実の未分化、舞台上と客席の未分化の状態の中で、観客が各場面の趣向やら華やかさやらに酔うための場でもあるわけです。そういう視点で見れば、ここまでつらつら書いてきたようなことを指摘するのは野暮なのかもしれません。マスメディアで歌舞伎が初心者に紹介されるような場合、歌舞伎は理屈抜きに感覚で楽しむものだ、みたいな言い方がずっと前から常套句として定着しているのですが、そうした表現もまた、理詰めで見るのは野暮だという見方と同様の姿勢のものでしょう。


だけれど、その楽しみの規定の仕方は、かえって歌舞伎を見くびっているんじゃないかというような気がしてしまうんですね。そもそも、ドラマの不合理とか盛り上がり方の不条理をを指摘したところで、それ自体の魅力が減ずる、というほど歌舞伎は単純なものではないのだし。不合理を指摘するのは野暮、で思考をとめる必要はなくて、腑に落ちないなら、その腑に落ちなさも含みこんで考えていけばいいんじゃなかろうか。現代の社会の中で、演劇として(高すぎる代金をとって)上演しているものなのですから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/12-f60ffaea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。