もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽ダークナイト

(追記:っていうか「偽ジョーカー」ですね、正しくは)

*『江戸宵闇妖鉤爪』 国立劇場(2008.11.14)


過去の有名作品をリメイクするという場合、その作品をいま選ぶ意味、それに提示のあり方について、作り手は自覚的であるべきだと思います。映画にせよテレビにせよ、知名度にのみ価値を託した安易なリメイクに見えてしまうものが多いという状況がある以上なおさら、過去の文脈において成立していた作品をいま、現在の社会文脈にの中で新たに作り直すことの意味への配慮は重要でしょう。小説(文字媒体)と歌舞伎(舞台演劇)と大きく創作ジャンルは違うので、今回の場合リメイクとはいわないかもしれませんが、発表された年代が大きく隔たっていることもあり、上述の自覚というのは今回のような場合でも不可欠ではあるかと。


この新作歌舞伎『江戸宵闇妖鉤爪』に関していえば、今日に江戸川乱歩の『人間豹』を歌舞伎として作り直し提示するということの意義をよく考えて制作されているのではないでしょうか。そのことは評価するべきでしょうし、また江戸川乱歩を歌舞伎にするという着想は、直感的なイメージとして期待感を抱かせます。企画として、聞いた段階でわくわくできるというのは良いことですよね。

とはいえ、非常によく考えられたその上で、では大成功か、というとそこは首肯しがたいものでした。端的にいえば、劇の中に今日に繋がる社会批評を織り込んではいるのですが(特に歌舞伎版オリジナルの部分)、それが気の利いた表出法でないために、唸らせるほどのものになっておらず、むしろ安直な印象を与えている、というところでしょうか。


「人間豹」は凄惨な殺人を続ける凶悪犯である一方、世の人々の冷淡さや欺瞞、そこに生じる社会矛盾をシニカルに指摘し、建前的な正義を批評的にバカにしてみせる存在(その意味ではある種、道徳観というものに真摯に向き合った存在ともいえる)として描かれています。今年、『ダークナイト』という映画がありましたが、その中でヒース・レジャーの演じたジョーカーに近いような存在として造形されているのです(ジョーカーよりもその道徳的な性質はわかりやすくて平板なんだけど)。

人間豹の屈折の背景にはその出自からくる社会への呪詛があり(後述)、「人間の皮をかぶった化け物が多い世の中」で「そういう奴らを皆殺し」にしてやる、と自身の行動原理らしきものを明智小五郎に向かって吐露します。連続殺人犯である人間豹により、却って人々の中にある別種の悪や病理が明らかになり、そのことで単なる悪として切り捨てられない存在としての人間豹が浮かび上がる。


という設定はわかるのですが、そのわりに人間豹がやっていることはといえば、惚れ込んだ女性を次々に襲って殺すだけなのですね。人間豹の論理は台詞の中でのみ説明され、彼の起こす行動、犯罪には人々の価値観を揺さぶるようなものが見られない。人間豹がいまひとつ説得力を持った存在にならないのはそこに要因があるのではないでしょうか。


人間豹の、社会に対する呪詛の背景として、自身が捨て子であること、捨て子に対して手を差し伸べもしない世の人々の静かな冷酷さ、そして、見世物小屋に売りつけるために捨て子を拾っては奇怪な人体改造を繰り返す百御前の手によって、自身も半人半獣の姿にされてしまったことが語られます(百御前は人間豹を自分の子供だと言っているので、本当に捨て子かどうかはよくわからない)。
善良であるような市井の人々が、人間豹らのような境遇のものに対しては(無自覚に)冷淡であること。今日にも通底する(っていうか乱歩の原作版には出自云々の設定はないんだけど)社会批評を託すのならこの点なのでしょう。
しかし歌舞伎版オリジナルのこの設定がメッセージとしてうまく反映されていないのは、対峙する「善」である明智の人物造形にもまた難があるためです。人間豹の批評的なスタンスを際立たせるために、明智は「それでも人間の心を信じる」(本当にこんな感じの言い方だった)とベタ過ぎるまでの台詞を口にし、正義の側に立っています。人間豹との対比は対比でいいのだけれど、この明智の信念が極端な建前的正義(にしても薄っぺら過ぎるもの)に寄ってしまっているため、対比項としてはリアリティに乏しくなっています。


明智が「神谷と恩田(人間豹)の見た目、境遇が逆なら運命は入れかわっていただろう」と、社会の「光と影」について言及する件りに関しても、人間豹が台詞で指摘してきたような社会矛盾がその場面に至るまでに効果的に提示できていないため、神谷、人間豹の二役を同一俳優(市川染五郎)が演じていることのみに関連付けたこじつけのように聞こえてしまいます。おそらく作り手の伝えたい事柄の企図は間違ってないのだと思いますが、表現方法に洗練がなかったように感じられました。つまるところ、社会批評というのは、何をいうかよりも、それをどういうかが肝要なのですね。同じような内容でも、伝え方ひとつで説得力もリアリティも、その効果は大きく変わってしまう。


演出的な面について。明智妻の身代わりとして、前の場面で登場していた菊人形を用いる場、あるいはお蘭が踊り最中に殺され、天井から吊られた死体となって落ちてくる場など、着想はよいものが多いです。が、その趣向ほど実際の画が面白くなく、あっさりと流れてしまうのが残念。身代わりが菊人形だと知った人間豹が人形を切り裂く場にせよ、お蘭の殺人場にせよ、足りないのは生っぽさではないでしょうか。せっかくのアイデアが単なる形式になってしまい、本来ならもっと観客をつかめる画になっていただろう箇所が型の記憶として残らないのは惜しいところ。大詰の見世物のシーンも、浅草奥山の賑やかさ、猥雑さの中に凄惨な殺人(未遂)場を持ち込めば、ラストの見せ場としてすばらしかったのではと想像させます。舞台全体が殺風景であるために、目をひきつけるものになりませんでした。たぶん、台本けっこう面白いんだろうな。結局これも、意図はわかる。問題はどう見せるかだ、というところに帰着するのでしょう。


2時間にコンパクトにまとめたゆえの唐突な展開とか、他にも思うところはあるけれど、秀逸な企画を立て、魅力的(になる可能性を感じさせる)な場を創造したことは評価しておくべきだと思います。演出を大きく変えて再演してみる価値があるんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/16-d6914d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。