もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸悪の根源は全て私にあるもので

*『遠山桜天保日記』 国立劇場(2008.12.9)


場内で売っているプログラムにあらすじ変更の訂正紙がはさまっていて、直前まで演出、ストーリーに試行錯誤を重ねていたのであろうことが察せられます。改訂に至る経緯や書き直しの過程は知るべくもありませんが、結果としてストーリー全体の効果上、小さくない改変であったように思います。さらにいえば、訂正前後のあらすじを見比べると、結果的にあまり良い効果を生んでいないのではないかと。


プログラム内の俳優インタビューでは尾上松緑が自身の演じる佐島天学を、「諸悪の根源」と表現しています。改訂前のあらすじを読む限り、三人登場する悪党のうちで確かに佐島天学は、手を組んだ他の二者に比べて、より根源的な性質として悪であるように描かれます。仲間になった悪党生田角太夫(尾上菊五郎)を見捨ててでも己の欲を通そうとし、角太夫の妻さえも非情に殺してしまう(とはいえ、かつて角太夫に濡れ衣を着せられた恨みが彼の行動原理になっているところがあるので、不条理なまでの悪とはいいがたいのですが)。ともかく、ある時点で改心することになる他の二者に比べて、良心を見せることがない。その性質をもって松緑は「諸悪の根源」と言い表したのでしょう。と、ここまでは上演版でない、改変前のプログラム上での話。


改定後では、角太夫の妻は天学に殺されるのではなく、自らの夫である角太夫により刺し殺される、というように変更が加えられています。これは結果として、天学がはたらくはずだった悪事がひとつ減った、ということに留まらず、角太夫が改心するきっかけが失われてしまったことにもなります(改訂前、天学に斬られ瀕死の状態となった妻とのやりとりの中で角太夫が改心する筋になっていたため)。
つまり上演バージョンでは、良心を見せない悪、という存在は天学と角太夫二人が受け持つことになり、「諸悪の根源」であるはずの天学の悪人ぶりが際立たなくなってしまっている。結局は角太夫も天学によって殺されてしまうので、改定後も作り手の意図としては、天学を最大の悪役として造形したかったのだと思います。であれば、天学の手により角太夫の妻は殺され、角太夫は改心した上で殺害される、とした方が、角太夫の哀れさないしは無念さ、そして天学の「諸悪の根源」っぷり、ともに引き立ったのではないでしょうか。人物のキャラクター分けをそこまで明確にすることで、より魅力的なコントラストも生まれ得たのではないか、と思います。


 この演目はいわゆる「遠山の金さん」です。天学の悪事の一部を「侠客の金次」が見ており、お白洲で天学を裁く遠山左衛門尉景元が刺青を見せて「実は金さん!」という、あれです。ワンパターンだし、筋があらかじめわかっているといえばこれほど皆が繰り返し目にしてきた締め括りもないのですが、テレビで幾度も見続けたそれを、生舞台で他の観客と共有してみると、大詰で展開されるおなじみの「形式」というものの強さは感じざるを得ません。「実は金さん!」となれば客席も舞台上も正しく盛り上がるし、クライマックスは晴れがましく納まる。


ワンパターンで皆がその先の展開を予想できているという状況は、とりわけ歌舞伎においては条件反射的な客席の笑いを呼び込んでしまったりという難点(ここでは難点としておきます)の温床でもあります。とはいえ、それだけで着地点を定めてしまえる、これをやれば確実にクライマックスに向けて盛り上がる、という定番の道筋を持つという点で、この「形式」というものは、最高の強みでもあるわけです。


そもそも、この形式の継承がなければ、それを逆手にとったり脱構築したりする面白みとかっていうものも生まれ得ませんしね。うがった目で見がちになって忘れてしまうこともあるのですが、形式に則った正統派の締め括り方というのは、やはりそれなりに快感なのですよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/18-61ab4d70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。