もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッタリがきくというのはこういうこと

*歌舞伎座さよなら公演 三月大歌舞伎『元禄忠臣蔵』 歌舞伎座
昼の部『江戸城の刃傷』『最後の大評定』『御浜御殿綱豊卿』 (2009.3.23)
夜の部『南部坂雪の別れ』『仙石屋敷』『大石最後の一日』 (2009.3.2)


今更ですが、忠臣蔵は「仇討ち」ではないわけです。

このことのいちばん簡単な説明としては、大石内蔵助たちの主君・浅野内匠頭は、自分が刃傷を起こした責任で切腹(将軍から下された処分)することになったわけで、別に吉良上野介の手で死に至ったからではない、ということですね。自分が悪いんじゃん、ということ。これが表面上の道理としての、「仇討ちでない」端的な理由。

それから、当時の将軍綱吉により理不尽な理由で大名家が取り潰されていった(のに吉良には「喧嘩両成敗」的なお咎めがなかった)ことに対する社会のフラストレーションとか、浅野家への同情とかが討入りを後押しする、というような空気があったんだろうとしても、それもやっぱり吉良上野介が奇襲をかけられて殺されることには繋がらない。

だって吉良自身は殺されなきゃならないほどの社会的理由を持っていないわけですから。


それでもこれを「仇討ち」、堪え忍んだ者の溜飲を下げる話に仕立てるのであれば、吉良が殺されるための道のりらしきものをなんとか拵えなければならないのですね。まず、吉良を基本的に性悪の人物として描くという方向。これは古典歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』でもやっているし、今月の『元禄忠臣蔵』でもその方向は維持されている。吉良から耐え難いほどの「散々の辱め」を受けた結果の刃傷である、という筋道に代表されるものです。

けれど、それはやっぱり「仇討ち」として吉良が討ち果たされることには直結しない。少なくとも「仇」として目される正当性はどこにもない。吉良は簡単にいえば浅野に礼儀作法を教授する役目を当時していて、「辱め」もその文脈でのことみたいですが(事実としては明らかじゃないみたいだけれど、かりにそうだとしても)、知らないことを教わる側がその過程で、単なる無知ゆえにある程度恥ずかしい経験をするのは、自然なことじゃないかなあとも思います。それでいちいちキレて切りつけられたら、教える側はいい迷惑だよなあと。


で、そういう意見に対して、「それは現代の感覚でいうからそうなんで、当時は浅野及び大石たちの感覚が正当であった」というような説得法があるかもしれません。でも、それなら面子を潰されたことを理由にしての刃傷なんてもっといっぱいあって、それが大々的に肯定されているべきでしょう。『元禄~』でも大石自身に主君・浅野の刃傷に関連して「生まれついての短慮」だといわせています。浅野の行動は時代的に見て当然、という解釈がされているわけではなくて、それはあくまで「短慮」なわけですね。


浅野の刃傷が「短慮」って大石自身が思うなら、吉良をわざわざ殺しに行く理由はないんじゃないの?と思います。討入り後に大石らを尋問する仙石伯耆守(せんごくほうきのかみ)もそう訊きます。こたえて大石がいうには、

「いや、そういう、理屈とかじゃないんすよ」と。


「短気おこしちゃって、とか批判もされてますけどね、部下から見たら、そんなにダメな人じゃなかったんすよ」と。


「もう全部投げ打っちゃうほどの気持ちがなにかあったんでしょ、主君には(←それが何かはわかっていない)。それがね、殺したかったのに殺しもらしちゃった。残念でしょうねえ。だから、俺らが代わりに殺してやったんです」と。


えぇ?いいの?そんなので。結局、吉良が何で殺されたのかは「理屈じゃない」、っていうか不問にしているんですね。主人は殺したかった人を殺せないまま、死んでしまった。だから俺らが代理で殺してやる、ということなんですね。もう「吉良を殺す」は絶対的な到達点としてあって、なんで吉良が殺されなければならないのか、そのことの正当性は疑われない。熱情を持って主君への思いを語れば、それですべて肯定されてしまう。論理的に尋問していたはずの仙石も聞きながら、「そうだよねー」と同情していく。吉良上野介の、被害者としての人間性を無視しないと、この話は成立しないわけです。



今日この理不尽が通用する、あまつさえ「仇討ち」の代名詞になってしまうというのは、もう「忠臣蔵」が皆の思考停止を許してしまえるほどブランド化しているということなのでしょう。義挙である、耐え忍んで仇を討つ話である、というラベリングに寄り添えば、そこに見る側の新しい判断はなくてもいい。話全体を追い続けなくても、見せ場の断片から「仇討ち」的メンタリティを容易に想像してしまえる。情緒的に大石内蔵助が心の内を畳み掛ければ、吉良の立場とかは置いといて「そうだよねー」と感情移入が簡単にできる。そういうことがブランドの強さなのだと思います。


それから、何十年、何百年とこの「忠臣蔵」のエピソードが引き継がれたという事実は、なんであれ強い。時間的長さに言及するだけで「日本人に愛され続けた」みたいな常套句に妙な説得力を持たせてしまうし、もうこの古典に疑義を挟むことはない。というか、疑義が挟まれたとしても、「仇討ち」の代表としての立場が揺らがないほどの存在に、もうなってしまっている。こう書いている自分が浅はかなのかなあ、とぼんやり思わされてしまっているので、これはもう私自身も「なんとなく」でしかないはずの権威に説得されているということなのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/24-3f1e89a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。