もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だからといってエロくはないんだが

ひとつ前のエントリーの続きです

*KAT-TUN TOKYO DOME 2009 『不滅の10日間ライブ』 東京ドーム (2009.5.17&19)


ところでアイドルは異性に訴えかける存在である以上、「性」を歌うことは避けられません。本公演の中で際立ったセクシャルソングというと、前半に歌われた『SADISTIC LOVE』ですが、これはKAT-TUNの獲得した立ち位置を特徴的に表すものだと思います。

アイドルはセックスの「最中」を歌うことはほとんどありません。それを匂わせる抽象的な単語を用いることはある(KAT-TUNのほかの楽曲にも見られる)けれど、『SADISTIC~』にはそれらよりも具体的な描写でセックスの「最中」が描かれています。


「DOGGY STYLE髪掴み寄せる」(「DOGGY STYLE」とは後背位のこと)

「自分で弄らせる」

「手を付き立ちな腰を突き出しな」


と続く流れは、アイドル(じゃないものも含め)ソングで繰り返された抽象的な常套句とは多少性質の異なるものです。抽象化、理想化した「あなたと結ばれたい」的なアイドルソングは数あれど、「立ちバック」の最中の描写をトップアイドルが大観衆の前で歌うことはあまりないのではないかなあと(「食らわすまたもSPANKING」だしね。あっ、引用した歌詞、全部田中聖が作詞担当した箇所だ)。


あえてセックスの「最中」と書いたのですが、これは女性アイドルの性典ソングをみてみるとより際立つかと思います。
たとえば山口百恵。彼女の『青い果実』『ひと夏の経験』はアイドル性典ソングのクラシックですが、そこで歌われるのはセックスの「前」、山口百恵が歌うのは未来に起こるものとしてのセックスでした。
1980年代半ばのおニャン子クラブ『セーラー服を脱がさないで』『およしになってねTEACHER』は一人称女性のセックスに対する姿勢こそ、好奇心の先立つ積極的なものになっているけれど、基本的に女子がセックスに強い「興味」を抱いている姿(男にとって非常に都合のいい造形ではあるよねえ)を歌っているわけで、セックスしているわけではない。

SPEEDというのは割とセックスを匂わせる単語を用いることが多かったグループでした。そういう詞を歌うリードボーカルが低年齢化していることも1990年代的な変化といえばいえるのかもしれません。ただし、デビュー曲『BODY&SOUL』のパンチライン「甘い恋のかけひきは 言葉だけじゃ足りないから 痛い事とか恐がらないで もっと奥まで行こうよ 一緒に…」にしても、ある種のあけすけ感はあるにせよやはり進行中のセックスの話ではない。あと、SPEEDは他曲についてもそうですが、けっこうありがちな抽象的ワードに留まっている(「経験だけが増えていく」とかそういうの)。
「DOGGY STYLE」(体位)はおろか、おニャン子クラブの「友達より早く エッチをしたいけど」「デートに誘われて バージンじゃ つまらない」(セックスを直に意味する語)とかに比べてもはるかに穏当といえるのではないかと。まあ、おニャン子はそのアイデンティティが多少特異だったりはするのですが。

AKB48『制服が邪魔をする』とか、多少の話題になった大堀めしべ(AKB48大堀恵の別名義)『甘い股関節』とか、最近だと先月のライブでも披露していた道重さゆみ(モーニング娘。)『It’s You』とか、近年のそれ系を眺めてみると、女性が誘う姿勢を強めてはいてもやはりセックスに至る「前」の情景が歌われている。


こうなるとまた以前の話に関わってきてしまいますが、女性アイドルを性的な視線で注視しながらも、(他の誰かとの)直接的なセックスを物語ってほしくはない、という受け手の男性のニーズ(あるいはそのニーズを読み込んだ作り手の意図)が反映されたものではあるでしょう。セックスには強い興味を持て、ただし実際に(他の男と)セックスはするな、というアンビバレント、じゃなくて手前勝手な女性への視線がうかがえる。


というと、男性アイドル/女性アイドルとの差異の話のようではあるし、実際その二者が置かれている実際上の社会的制約という部分も大いにあるのですが。

ただ、他のジャニーズの曲、あるいはKAT-TUNの曲で性を想起させるもの(本公演でいえば『DON’T U EVER STOP』とか)であっても、多くの場合、抽象的で常套句的な曖昧表現に留まっています。つまり、普通はそうする、のです。性的なものも匂わせるけど、別にそういう意味ではない、かもよ、というエクスキューズの余地を残しておく。
山口百恵が「あなたに 女の子のいちばん 大切なものを あげるわ」(『ひと夏の経験』)という歌詞の「女の子のいちばんたいせつなもの」とはなにかと問われて、「まごころ」と答えていたというエピソードがありますが、あれと構造としては同じエクスキューズ。

しかし『SADISTIC LOVE』の「DOGGY STYLE髪掴み寄せる」からの流れはそういうありがちな曖昧語ではなく、具体性に踏み込んでいる。「DOGGY STYLE」に他にどういう意味を読み込めるというのか。しかもそれを性的なものとして読むとき、それは未知のものや遠くにあるものとしてのセックスではなく、まさに現在進行形で後背位真っ最中なわけです。


これは田中聖という飛び道具の存在ゆえに実現した稀有な曲ではありましょうし、またこの飛び道具が在籍していることで、「今時」っぽさを周到に体現したKAT-TUNというグループ全体のイメージにもある種の強度を生んでいます。彼らほど「スキャンダル」に関して揺るがないように見えるアイドルグループは他にありません。これはよく言われる「事務所の力」みたいなものとはまたちょっと異なる位相のものでしょう。AV女優との交際が幾度も報じられながらイメージが揺るがないというのは、上に書いた男子の「今時」っぽさの体現が周到なためですが、田中聖はこの体現にとってもっとも重要な鍵であろうと思います。AV女優という職種を反射的に嫌悪、軽蔑しがちであろう10代(だけじゃないか)女性がファンに多いことを考えるとき、この安定感は驚異的なものがあります。


しかしまあ、その曲がじゃあエロいかっていうと、そういうものでもないんですけどね。本公演でもっとも強い色気を見せつけたのは先のエントリーに書いた亀梨和也でしたが、彼がソロ曲で歌ったのが田中聖的歌詞だったらもっとエロくなったか、というと、むしろ逆なのじゃないでしょうか。やっぱり、はっきり見せちゃうとエロくない、ということってあるわけですね。隠されてる、エクスキューズができる、という欺瞞があった方が、却っていやらしさって喚起されるものなので。始めから服というものを着ていなければ、女の子の裸にも興奮しないわけですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/29-ed2aa986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。