もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうアイドルなんかじゃないなんて言わないよ絶対

*ミドリ/メロン記念日「イインダヨ!グリーンダヨ!!」 新宿LOFT (2009.7.23)


そもそもライブハウスでのパフォーマンスで支持を集め、アイドル集団内にあって他に類を見ない稀有な地位を築いているメロン記念日にとって、ハロー!プロジェクトからの「卒業」という出来事は決定的な地殻変動をもたらすものではないでしょう。

定期的にワンマンライブを打ち、DJイベントを続けるスタンスに、ハロプロ在籍時との違いはありません。同時期「卒業」メンバーの多くがテレビバラエティで模索を続け、あるいは往時の裏話を拠りどころにせざるを得なくなっている状況と比すれば、大規模とは言えないながらもライブ、リリースを継続できる彼女たちの環境は決して悪いものではない。
テレビ組の卒業メンバーと異なり、時代の寵児になれなかったゆえに現行路線の継続が可能になっている、という皮肉もそこにはあるわけですが。


メロン記念日の適性を考えるとき、ロックバンドとのコラボ連作という今回の企画は、実に自然な、良い食い合わせを期待しうる展開に見えます。BEAT CRUSADERS、ニューロティカ、ミドリと続くコラボバンドのチョイスも悪くない。ロック路線と相性のいい「いつもの」メロン記念日を更に加速させる好企画。コラボ連作の報を受けての感触はそのようなものでした。


いささかの不安要素は、本企画の惹句「メロン記念日ロック化計画」。
楽曲の路線やライブパフォーマンスの秀逸さから「ロック」的な佇まいと評されることもあるメロン記念日ですが、そのスタンスが光るのは彼女たちがあくまで「アイドル」としてのフォーマットにのっているため。むやみに「脱アイドル」的なワードをちらつかせるのは得策ではありません。

たとえば、アイドルが自らをあえて「アーティスト」等と強調する、という振る舞いは、それ自体が悪い意味できわめて「アイドル」的なものになってしまいがちです(大抵の場合、そういう宣言は曲がり角に来たアイドルがするものですし)。「ロック化」と宣言することが必ずしも「脱アイドル」と同義とは考えませんが、それにしてもこのフレーズは少なからず胡散臭さを孕んでしまうし、無用の方向にハードルを上げることにもなる。ハロプロを卒業しても「アイドル」を脱する必要のないポジションにいるのだから、この安易な惹句はやはり支持しがたい。


ミドリとの対バンとなるこの日のイベントでは、まさに「ロック化」することの困難さがあらわれていたように思います。

メロン記念日自体は、不調だったわけでも何かを変えてしまったわけでもないのです。疾走感のある、「いつもの」彼女たちです。対バンゆえ尺は短いながら、定番曲+「ロック化計画」企画の3曲というセットリストで彼女たちの平均点は出していたかと。


しかし、新宿LOFTという場、対バン相手はミドリ。「ロック化」の旗を自ら掲げるにはいささか分の悪い環境でした。

ミドリが演奏を始め、ウッドベースが太く響き出すと、メロン記念日がいかにも「前座」であったような落差を覚えました。そもそもLOFTというハコでは、生バンドであるということだけでもメロンに比べてアドバンテージはあるのでしょうが、この落差は生演奏か否かという単純すぎる要素に還元できるものではもちろんありません。


LOFTのスケールからすれば、メロンのメンバー4人がダンス込みのパフォーマンスを行なうに充分なスペースは到底ない。となると彼女たちは必然的にヴォーカル、マイクパフォーマンスの強度で勝負することになるのですが、対バン相手に伍するだけの強さ、太さが見られませんでした。
この先も「ロック化」志向を続けるのであれば、おそらく以前ならばそれほど突きつけられてこなかったこの課題への対応は必須かもしれません。単に声量などでカバーできるものでない太さ、存在感。それを築かない限りは、この方向性は少々厳しい。アイドルシーンの中にのみ留まるのであれば、「場馴れしている」ことと「MCが上手い」ことがある程度まで同義でしたが、ここから先は場馴れだけではカバーできない。
ハロプロ系でもっとも他流試合に適応できそうな彼女たちがここに留まっては、「所詮アイドル」というステレオタイプな烙印が機能してしまうことになる。遠巻きに冷めた視線を投げかけていたミドリファンを一発殴るほどのインパクトを、時間がかかってもいいので是非、いつか。


後藤まりこ(ミドリ/Vo, Gt)という異常な個性に対峙しなければならない、というのもまた高いハードルではありました。コラボ企画過去二作のビークル、ニューロティカとの交流が和やかに見えるのは、彼らがいずれも「中年男性」バンドであることと無関係ではないはず。女性アイドルであることそれだけで、彼らには出せない類の華を提示することができます。

しかしミドリには、後藤まりこという異様な華が存在する。

後藤まりこがオーディエンスの中に飛び込み、シャウトする。小さな体躯をもみくちゃにされながら、それでもなお、彼女には誰も触れられないような気高さがあります。
「男を強く引き付けながらもその男にズボンのベルトは緩めさせない、いや、そんな気分になること自体が恥ずかしい、と。男がそう思ってしまうよーな」(杉作J太郎/ミドリ『ファースト』帯裏コメントより)彼女の暴力的で強烈な清純性を前にしては、「ロック化」を謳い文句にする女性アイドルは存在として脆弱に感じられてしまう。

処女か否か?などというチンケなアイドル幻想では決して到達できない、後藤まりこの根源的な清純性と孤高性に、小手先の「脱アイドル」的PRが対抗することは難しい。


他流試合をする、とはこういう対バン相手と張り合うこと。メロン記念日がなすべきは、「アイドル」を全うすることであろうと思います。これまでの彼女たちのサバイブはアイドルとしてのパフォーマンスを磨き続けた結果であるのだし、先にも書いたようにこの日のライブも決して悪いものではない。
対バン相手のファンとも幸福な関係を築くためには、フェイクに見えかねない「ロック化」よりも、「アイドル」としてのアイデンティティの提示に自信を持つことであろうかと。アイドルで在り続けながら他流試合で筋力強化をはかる、それが彼女たちの王道だし近道でもあるでしょう。

だとすれば、もはや形骸化しきっている自己紹介MC時の「セクシー担当」「ボーイッシュ担当」等々も、継続してみれば一周回って格好良く見えてくるのか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/35-592cf885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。