もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化球とか投げないと

*ミュージカル『天翔ける風に』 東京芸術劇場 中ホール (2009.8.24)


本人が高邁だと思い込んでいる信念は、もちろんそんなに絶対的なものではないし、受け身的な言動をしているように見える人たちだって、その人たちなりのしたたかさを秘めている。本公演の原作となる野田秀樹『贋作・罪と罰』は、主人公たちの血気盛んさや「罪と罰」的な主題の背景に、そんな「単純じゃなさ」をも見せる芝居でした。

今作『天翔ける風に』は、『贋作~』の脚本をある程度忠実に踏襲しているため、セリフの多くが重複しています。もちろんミュージカルであるため楽曲パートが多く、セリフもしばしば歌われる、という大きな相違点はありますが、基本的に同様の設定で描かれているといえるでしょう。とはいえ、演出者の力点の置き方で、当然ながら何が見えるか、何が見えないかは大きく異なるわけで。


演出の謝珠栄が主眼に置くのは、主人公・三条英や登場する志士たちの熱情です。すでに上演を重ねられた作品(今回が再々演)でもあるゆえ、俳優たちの身体と歌によって、躍動する若い人間の群れはまとまりよく、大きな劇場にも堪えうるスケールと格を獲得しています。ミュージカルでも舞踊劇でもない野田版の『贋作~』では見ることのないこうした要素ですが、歌と振付のボリュームも丁度良く、成功しているといえるでしょう。


しかし、志士たちの熱情、信念を前面に押し出すことで、逆に失われてしまったように思うのは、冒頭に書いたような各登場人物が持つ性質の複雑さです。主人公・英は己の信念のために人を殺すという一線を越えてしまい、逡巡しながらも自分は正しいと思い続けなければならない。群像として表現される志士たちは、信念のために人を殺すという発想に対してもっと迷いがない。そういう「まっすぐ」な彼らに有効に疑問を投げかけるには、スタンスの違う人々が、彼らを根っこから煙に巻くぐらいの存在感を見せねばならない。その役割が才谷梅太郎(=坂本竜馬)であり、英の母や妹であるでしょう。

2005年のNODA・MAP公演時の『贋作~』では才谷を古田新太が演じていました。古田演じる才谷は隠密裏に計画を進めながらも、それが一方向的な熱情や硬質さとしてはあらわれず、時にふざけているだけのように見え、時に単純にエロや金のことに頭を奪われているように見えました。それら性格の各側面を自在に行き来し、飄々と構えている才谷は、なるほど最初から最後まで張り詰めっぱなしの英にとって、救いになりうる、と納得できる懐の深い存在でした。

翻って、今作の才谷(山崎銀之丞)。非常に上手いし安定感のある俳優であることは間違いありません。おそらく演出意図をしっかり体現しているのでしょう。しかし、『天翔ける~』版の才谷は、他のキャスト同様、常に気を張っているように見えて弛緩するところがありません。そうなると、志士たちや英との根本的なスタンスの違いが明確に見えないし、野田の脚本で笑いをとるために作られているくだりも、笑いとして成立しなくなってしまいます(それは演出家が自覚的に笑いじゃなくしているのかもしれませんが)。緊張しっぱなしのテンションでは笑いの「間」をつくることが困難なのです。


また、英の妹・智は置かれた状況に流されるように母の横に沿い、悪い噂の絶えない溜水石右衛門との結婚を承諾する、ある種受動的に見える人物といえるでしょう。もちろん、単に受動的とのみ描いては人物像も膨らまないわけで、たとえば2005年『贋作~』では、美波の演じる智は、受動的なスタンスをとりながら、その結果を打算的に見据えているような、受動性ゆえのしたたかささえ見せつけていました。

今作で演じる剱持たまきも存在感の弱い役者ではないし、受け身的な存在でいることに、当人なりのロジックも説明できています。ただ、やっぱり性格のあらわれ方がストレートに過ぎるようです。受動と能動、という点では姉の英と対照的な存在といえるのかもしれませんが、性格表出が直線的、という意味では、才谷同様、トーンは英と同一なのではないかと。


その結果、英や志士たちの熱情はとても太く表現できていますが、彼らに相対的視点を投げかけ、その思想の是非を問いかけるような立体的な機能には乏しくなっているのではないでしょうか。
そもそも、『贋作~』の脚本は説明不足なところもあるわけで(英が殺人に至るまでの段階で、英や志士の思想が充分に説明しきれているか、とかもそうだし)、脚本の余白部をいかに豊かに肉付けしてゆくのかがトーンを決定する大きな要素です。若者の直線的で血気盛んな熱情、を前に押し出そうとした今回の演出は結果として、志士たちの直情が全体を覆い過ぎていて、それに対する効果的な弛緩が足りていなかったように思います。


もうひとつ加えると、演出者がおそらく強調している「若い人々の強い情熱」というのは、このように直線的に描かれるほど単純な表出をされるものではありません。アイロニカルな態度をとりながらも食らいつく、というやり方もあれば、相対的な見据え方をすること自体がその人にとっての誠実さの表現である、ということもある。ストレートな熱情のあらわし方というのは年齢云々の問題でもないですし。
もちろん、演出者がこの舞台で強調したかったのは今回表出されたような、直線的で見た目にも感知しやすい類のパッションであることはわかるのですが、才谷を古田新太版のように弛緩したキャラクターに仕立てても、彼の熱や意志の強さが失われることにはなりません。人物群に深みを出すためには、基本的なテンションの高低をもっとつけてもよかったのではないか、という気はします。


ただ、俳優の基本レベルが高いことは間違いなく、彼らの巧みさによって野田秀樹の書くセリフの鋭利さを再確認する瞬間が多々あったのも事実です。歌パートと芝居パートのバランスも良い(龍馬が暗殺され倒れているところに、それを知る由もない英がポジティブに歌い上げる姿が重なるラストシーンは『贋作~』のラストよりもいいかもしれない)。全体的なレベルはさすがに高いのです。
硬質すぎるテンションゆえに、人物造型に複雑さが消えて過度に直球になってしまったこと、同様の硬質さによって野田のセリフの笑いを殺してしまっていたことがやはり残念でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/39-ef316db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。