もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声の快楽

*維新派『ろじ式~とおくから、呼び声が、きこえる~』 にしすがも創造舎 (2009.10.30)


もともと維新派の何が圧倒的かといえば、パートを割りふって並行させた舞踏と声の構成力であろうかと思います。それが物語パートと効果的に噛み合えばそれがいちばん幸福なのだろうけれど、昨年のびわ湖公演(『呼吸機械』)ではストーリーテリングがあまりうまくなかった印象があって、その腑に落ちなさとかが劇団全体のパフォーマンスのインパクトをいくぶん曇らせてもしまいかねないなあ、とも。


で、今回。幹になるストーリーは、ない。構成からいえば、舞踏&声がメインをなすシーンが10個、オムニバスになっているような感覚でしょうか。それぞれは物語として繋がっているわけではないのだけれど、すべてに通底するテーマはたぶんフィジカル、あるいは地球上の生の営みとかそういうもの。

それを象徴的に提示するのはステージ上のセット。立方体型の標本箱が舞台を囲むように大量に配置されている(あのキューブの数は600個だとか)。それぞれに動物や魚類の骨格標本が入れられていて、開演前の暗いステージに元動物であった骸骨たちが浮かび上がる。蛙などの小さな生物からカジキやゴリラと思われる大型のものまで。何も始まっていない舞台上のそれらに繰り返し目を走らせているだけで飽くことがない。今回の公演はまず、このステージセットの段階で勝ち、であったかもしれません。


ステージ全体を貫くストーリーを排して、まとまった会話的セリフも前半の電話の件りを除けばほとんどなし。モチーフを替えてオムニバスで展開される各シーンでは、維新派の真骨頂、群舞(広い意味でのね)と多重な声のたたみ掛け。類人猿を思わせる序盤の舞踏から、家庭での食事や工場作業をモチーフにした人間の営み、さらに地球規模の生までを一貫してフィジカルに突きつける。そういう身体の提示に強度を持たせるうえで、今回のように統一的な物語を持たないことは効果的であったように思います。毎作ストーリーなしでやったりするのはもちろん違うのだけれど、たまにこうやって維新派の骨組みだけを前面に出してみせるのは面白いのでは。


骨組みだけを見せられて改めて認識するのは、維新派の強さというのは群舞である以上に多声の、声の快楽であるのだなということ。リズムと音の響きをこそ聞かせる多重な台詞が、身体の動きと複合してたたみ掛ける。

「見ててん」「見てたん」
「捨ててん」「捨てたん」
「とれてん」「とれたん」
「掬くてん」「掬くたん」
「もろてん」「もろたん」
「もろてもてん」「もろてもたん」

金魚掬いでもらってきたと思しき金魚を見せつつのこうした掛け合いが生む音楽的心地よさ。ラップで想定するそれとは異なるけれど、このセリフもまたライムなのだと思います。ライムとはそもそも、こういう音的な快楽に身を委ねればよいもの。というか、まずその快楽自体の価値を前提にすることを忘れてしまうから、安易な日本語ラップ批判みたいなものがいつまで経っても繰り返されるのだ。「オヤジギャグだ」という指摘が批判として的確だと思ってみたり、ジョイマンを見て喜ぶことで揶揄した気分になってみたり。『アジアの純真』とかに対してそういう嘲笑はしないでしょうに。まあ、ラップの方はより具体的な文章の流れで多種の言葉同士の韻を強調しなきゃいけないからツッコミたくなる空気は生まれがちだし、そもそも維新派の言葉の方が言葉を「音」として響かせる完成度・精緻度は高かったりするのだけれども。

話が横滑りしましたが。

そうはいっても、維新派のそれらは決して無機質な音、というわけではありません。関西弁を基調にしたセリフは生活感をほのかに見せるし、M3「可笑シテタマラン」で食材調理を体躯の破壊になぞらえて表現した「ニンジン・首切り」「ピーマン・腹割き」のような言葉は、リズムとテンポを前に出しつつも底の暗い生々しさを後味に残す。リズムが重視され、文章的なセリフが排されながら、到底無機質ではない生っぽさの提示に成功しています。
維新派の言葉にあっては、説明的なリリックとはまったく方法論の違うライム表現が達成されているのです。公演の種類としては、レギュラー的にするべきタイプものではなく時々こういうシリーズをやるのが効果的でしょうが、維新派の骨組みの強さをわかりやすく縁取って皆に提供する意味でとても良い公演であったかと。

維新派特有の屋台村の濃密さは今回も良し。まあ、23区内だし車通りの多い車道沿いの敷地なので、都市から離れた場で演る場合とは現出するものが大きく違いますが、東京公演ということを考えれば悪いスペースではないかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/44-e70a0675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。