もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユナムセーン問題

*『十二人の怒れる男』 シアターコクーン (2009.11.18)


いちばん有名なシドニー・ルメット版の映画「十二人の怒れる男」が贅肉を削ぎ落とした名作であるゆえ、舞台化にあたって原作に忠実な作りにするというのは理に適った方針でしょう。蜷川幸雄も「『演出家を不要とする』作品」(上演パンフレットより)と評していますが、元々が脚本の骨組みをもってあらかた完結している作品ではあります。脚色を要するリメイクではなくオマージュとしての派生作品の方が制作されやすいのも、この傑作の性質をよく表している事柄といえましょう。


で、今作。陪審員たちの会話だけでストーリーが展開してゆくという原典に忠実な骨組みが露わになるとき、違和感が目立ってくるのが翻訳にまつわる問題でした。
海外戯曲の翻訳では多くの場合、外国語の言い回しを翻訳したことによる「日本っぽくない」言い回しが出てくるもの。これは、ごく自然なことです。劇が進むにつれその要素が気にならなくなってくるのは、場面展開あるいは視覚的要素などで観客を引き込むからなのですが、今作の場合、観客を引き込むための要素はことごとく「言葉」です。感情的にがなり立てる、あるいは論理的に説得しようとする。いずれにしても動きの少ない中で台詞によって情勢の変化を伝えてゆくため、興味の持続には必ず翻訳された言葉が付随する。その時に、原典に忠実な訳には多少のうるささも覚えました。

各陪審員が主張を繰り広げる際、日本の会話では通常見かけないほどに「わかるだろ」という言葉が頻出します。「you know,」なのか「you know I’m sayin’?」とかなのか、原典の表現はわかりませんが、そうした同調を促す軽い言葉が逐一「わかるだろ」と置き換えられる。
当該国語では馴染むのであろう表現が日本語に訳されて発話された際の居心地の悪さ、これはいわゆるアメリカンジョークが言語的性質も会話習慣も異なる日本の言語に翻訳された時に感じるのと同質の問題ですが、この違和感が終盤までたびたび表れるのは惜しいところでした。


それから、翻訳されるということは必然的に、オリジナルが上演された国の社会とは別文脈の場で上演される、ということになります。オリジナル版(1950年代アメリカ)の社会でならば容易に連想できた設定も、そのままでは説明不足になる恐れがある。たとえば被告の少年が黒人で、スラムに住んでいることから生じる差別的視線などについては、陪審員の性格づけにも関わってくるところなので、多少膨らましてもよいのかなと。


説明不足といえば、やはり映画と違ってカット割りやクローズアップができません。各人の表情を強調するようにカットが割ってあれば、それぞれが心境を変化させてゆく様を比較的スムースに見せることができますが、舞台演劇はすべてフラット。それゆえ人物の激高や心境の変化が唐突に感じられる箇所もあって、「十二人~」はまずなにより映像媒体にとっての優れた脚本なのだなと思い知らされます。
西岡馬演じる三号が最後に無罪を宣言するに至るまでの感情の動きは、やはりフラットな見せ方では食い足りない感はありました。自身の息子に重ね合わせて頑なに被告の少年を責めている、という過程はもう少し説明的であってほしかったなあ、と(ルメット版映画では、キーになる三号の「息子との写真」がクローズアップで写される等の強調がある)。


とはいえ、中井貴一をはじめ俳優陣も手堅く、各陪審員のキャラクターは非常に魅力的に作り込まれています。陪審員長の石井愃一、陪審員六号の岡田正らはこの脚本の世界にうまく溶け込み、言語的違和感のない人柄を構築していました。


そしてなにより、観客があの十二人の陪審員の作り出す複雑な連帯感に同席できる。これこそ、映像作品に対して舞台演劇が勝ることのできる最大の魅力です。蜷川版「十二人~」は翻訳にまつわる問題やカット割りで説明できない困難がありながら、単純ではない彼らの人間関係をしっかり観客に共有させることができている。これは演出、俳優によって構築された作品クオリティの高さの証左でしょう。そもそも日本語で舞台にかけることにある種のハードルがある作品なわけで、陪審員室の内側に観客を引き込めたのだから、ある程度それで成功といっていいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/46-da14396e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。