もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺は団地のスーパースター

*劇団鹿殺し『スーパースター』 青山円形劇場 (2010.1.26)


他人と違うことをしたい、なんていう夢想は多くの人がするもので、またそうであるだけに、特別でありたいという志向自体がきわめて凡庸なものでもあったりします。自分のことを「変わっている」と考える人がもっとも普通っていう話でもあるんだけど。

で、そういう人間がくすぶり続けるさまというのは、わりと怠惰と紙一重だったりもします。それは傍からみれば余計にそう見えるものなんですが。くすぶっている本人も主観的には精一杯でありつつも、どこかで己の怠惰に気づいていて、そのことが余計に気持ちをくすぶらせる。


今作『スーパースター』の主人公、漫画家志望の輝一(ぴかいち)が抱えるのはそういう種類の鬱屈です。自分の近くにいたあいつは「星を持って」いてスターになっている。自分には「星」はないのかもしれないけれど、星を渇望してこうやってあがくしかない。低空飛行の日々は続く。劇場配布チラシから察するに、この視点はある程度まで、小劇場系の劇団という「食えない」世界で生きようとする自身たちの投影なのでしょう。そうしたものの吐露は、下手にやってしまうと、実に凡庸な仕上がりになってしまいます。しかし、そこはさすが鹿殺し、自分たちの武器を今回も存分に見せつけながら、「スーパースター」への思慕を直球過ぎないやり方で提示しています。


輝一は漫画家を志しヒーローものを描き続けているが、どの作品も中途でやめてしまい、出版社に送付することもできないまま、職にも就かない日々を過ごす。弟の瞬一はプロボクサーを志し、こちらは世界チャンプまであと少しのところまでこぎつけ、すでに有名人になっている。また、幼いころから住んでいる団地は幹線道路建設のため立ち退きを迫られている。輝一は地上げ反対を訴えつつ(漫画執筆のため)自宅に籠っているため、「団地防衛軍」などと呼ばれ、瞬一からも乱暴な扱いを受けている。
輝一の漫画を弟瞬一が勝手に出版社に送り、編集者に酷評される輝一。これで実力がわかっただろうと諭されるところに、編集者から再度連絡。輝一の描いた、団地の超人ブッチャーの漫画が最高だというが、輝一はそんな漫画を描いた覚えはない。しかしブッチャー、というのは幼少期に団地にいた友達で、確かに輝一にとってのスーパースターだった。


団地の棟が徐々に地上げに屈服してゆくさま、それに団地のノスタルジックな風景を織り込みつつ、過去のブッチャーとのエピソードを語る回顧パートと、輝一の棟のみがいまだ立ち退きを拒否して居座る現在パートが手際よく入れ替わり、2時間程度ある芝居をダレさせない。もともと鹿殺しは展開の切り替えやテンポが上手いから中だるみは少ないのだけれど、今作では展開がわりときれいに整理されていることもあって、その水準はまたひとつ上がっているように思いました。


過去の要所要所で輝一にとっての「スター」として目の前に現れるブッチャーはしかし、多くの人の目には「スター」に似つかわしい人物ではありません。小学生の頃からの、輝一とブッチャーとの関わりが描かれるのですが、ブッチャーはどちらかといえば「おみそ」として扱われるタイプ。誰の目にもわかりやすいスターとしての階段を上りつつある瞬一とは全くタイプを異にします。ブッチャーがやっていることもその当時の輝一の立場からすればスターでも、一般的にはとるに足らないことであったりする。
終盤、久しぶりに輝一の前に姿を見せるブッチャーは、初めて多くの人の面前に登場しますが、単純なヒロイックはやはりそこにはない。むしろ惨憺たる姿をさらす。けれどブッチャーの存在が輝一にとってのなにがしかの駆動因になっている。スターボクサーである瞬一と主人公との対比ではなくて、ブッチャーという項を中核に据えた構成にすることで、単純な愚痴ではなく、もちろん単純な希望でもないものを見せています。


ちなみに「星」を掴みたいというモチーフは、鹿殺しの前作『赤とうがらし帝国』とも繋がるもの。『赤とうがらし~』では、「主役」になることを渇望して周囲を犠牲にしまくるタエの業を最後まで見せつけて、爽快ながら安易な希望を持ったハッピーエンドにはせずに終えていました。締め括りの爽快感の内にも、すっきりと整理できないものを残すのはこの劇団の得意とするところ。


しかしまあ、なによりこれらのストーリーテリングを魅力的に見せているのは、鹿殺し最大の武器である音楽と舞踏。腿を高く上げて踏みならすストンプ的でもある彼らの躍動は、何度見てもキレがあって格好いい。
以前にも言及したことがありますが、彼らのダンスにせよ歌唱にせよ、いわゆる「巧い」ものではありません。音楽始めて日の浅い人が、初期衝動と勢いで新鮮に見せているような、基本的にはそんな方向の格好よさ。けれども、それをずっとキープして、その方向性のまま高レベルに水準を上げている。この武器があるからこそ、2時間がダレないし、明らかに勢いで持って行ってしまっているような展開があっても、受け入れることができてしまう。ブッチャーノックアウト後の輝一のあの展開は、なんだそりゃっていうものであるし(ちょっと『大日本人』思い出した。映画『大日本人』の方のあれはまったく成功ではなかったけどね)、後半のブッチャーの位置づけは今ひとつはっきりしないところがあったような気がするけれど、躍動の魅力がそれを上回るからさして支障がない。本当に、音楽と舞踏を使うのならこのくらいまでやってしまわないと、小劇場において「星」にはなれないでしょう。


この作品にある「星」への思慕やら羨望やらは、ある程度劇団自身の試行錯誤と同化しているもの。とはいえ、小劇場の世界では鹿殺しは他と一線を画すキラキラした存在です。それを可能にしたのは、自身の内面吐露を凡庸にならないように見せることのできる、自己への的確な距離感でしょう。それはまた、己の格好よさの種類を見極めて提示することにも繋がる。それをできる頭の良さが鹿殺しにはあるのだと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/52-af84150c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。