もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種蒔いてみたけれど

*innerchid 『星合(ほしあい)』 シアタートラム (2010.4.22)


大手事務所所属とか、商業演劇のキャリアって、やっぱり侮れないよなあ、と。
いや、侮るつもりは一切ないのですが、本作のいちばんの手堅さは、役者陣の安定感だったのであらためて。

作・演出を務める主宰・小手伸也を含め、本作のキャストには大きな劇場公演のキャリアを積んでいる俳優が少なくありません。宝塚に所属していた俳優もいるし、キャラメルボックスの人もいるし、ナレーションも担当していた双数姉妹の今林久弥は『マッスル』の鶴見亜門だ(『マッスル』についてはこの時のエントリーを)。場慣れしてないわけがない。あと、声量が出ないわけがない。開演直前に前説に出てきた主宰の振る舞いを含めて安定感があって、信頼できる俳優陣であるな、と。それだけである程度、観続けられたりはするものです。逆に言うと、面白さってけっこう俳優の基礎能力にかかってたりもする。


七夕伝説と所縁の深い「星合島」(沖縄付近の設定)を舞台に、島に施設を置く民間宇宙開発団体のロケット打ち上げ計画や、団体と一部住民との軋轢を軸に、島に伝わる神事や伝説、また、かつての種子島宇宙センターのスタッフであり、原因不明の昏睡状態が長く続いていた男性技術者の「身の上」等が交錯してストーリーが展開していく。


祭りの中、一度目の打ち上げへとムードを高めてゆく場面は引き締まっていて、だからこそ、その直後の悲劇の衝撃度は高いし、鳥肌の立つ劇場体験になっていました。エンディングに向かうあたりも含め、段々にテンションを高めるシーンは全体的に手際が良くて、レベルの高さをうかがわせます。キャストの人選にしても演出にしても、大きく質を落とすことが少なそうな安心感があります。


残念だったのは、せっかく序盤で種をまいておいた色々な設定が、ことごとくあまり膨らみを持たずに終わってしまったこと。
元夫婦の男女が、開発団体側と地域住民側に分かれて微妙な距離感にあることや、その二人の娘が大学のサークルのイベントで島に帰郷していること。大学サークル内にいる双子の姉妹の性格のちょっとしたズレ。それに序盤で大きな鍵になるかに見えた、宇宙開発団体と地域住民との確執めいたもの。それらが準備されているにもかかわらず、あまり物語上活きないままに、ほとんど天女の羽衣の「七夕伝説」と、その伝説にまつわる人々の輪廻転生という話のみに乗っかってしまったような印象でした。序盤の「何か起こる」感の醸し出しには成功してたのになー、と。打ち上げ失敗、宇宙飛行士死亡が突きつけられて悲嘆にくれるタイミングで女の子にプロポーズするよくわからない神経の男性のエピソードも、その意図がわからないまま終わってしまうから、良くない意味で妙な後味だったし。


あ、それから、地域住民に「彼」の姿が見えた理由が明かされたのちに、じゃあ外部から訪ねてきた民俗学者にも「彼」の姿が見えたのはなぜか、っていう問題に対して、民俗学者曰く「私にはもともと人の魂の在り方が見えるんです」って。そんな後出し、ありなのか?また、民俗学者=超常現象的な伝説を追う人、ってイメージはいろんなところで散見されますが、本作の彼女も、話を転がすためなのでしょうけれど、それに準ずるキャラクターではあります。なんか安易な駒の設定の仕方、には見えました、多少。実体としての民俗学者って別にそういうことを得意にしてる人々ではないような気がするので。


ラストシーンは、事前に観客に配られていた小型ライトを使っての観客参加型演出。生の舞台として良い試みでしたが、正直闇の中で皆がライトを灯している画は客席からはよくわからない。舞台背景をそのときだけ反射のいい素材にして、観客が自分たちの創る「星空」を鏡に映すようにして見られたりしたら、もっと高まる終わり方になったのじゃないかなあ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/59-6b51f2ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。