もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕たちの好きな勧進帳

*木ノ下歌舞伎『勧進帳』 STスポット横浜 (2010.5.17)

 正直『勧進帳』って途中で眠くなる、と思っている方に朗報です。とりあえず木ノ下歌舞伎を観ればよいと思います。


 今回の木ノ下歌舞伎『勧進帳』が決定的に素晴らしいのは、「勧進帳はやっぱりイイ」と言ってる歌舞伎の観客たちが肝心の上演中にけっこう寝てるじゃないか!という違和をまず前提として突きつけ、その上でなお、単なる皮肉を表現するのではなく、『勧進帳』へのリスペクト、歌舞伎への愛着に溢れた作品を結実させているところです。そして何より、現代演劇としてタイトな面白さのものに仕上がっているということ。
 歌舞伎を現代のものとして考える、とはまさにこういうことだよな、と。


 歌舞伎を現代のものとして考える、と言いました。つまり歌舞伎の同時代性へのすり寄せですが、これは近代以降ほとんど常に試みられているといっていいでしょう。とりわけ歌舞伎と「大衆性」との距離が空いてきた今日についてももちろん、いくつかのアプローチでそれは行なわれています。少々脱線します。


 まず松竹を中心になされる、いわゆるプロの歌舞伎俳優たちによる試みがあります。具体的にはコクーン歌舞伎、スーパー歌舞伎、あるいは近年でいえば野田秀樹、宮藤官九郎等々の現代演劇作家を作・演出に迎えるという方法。そこには、歌舞伎の本道に位置する人たちによる試みだからこそ起こせる大きさの地殻変動もあるし、同時にその立場ゆえの限界もあるわけで。

 いわゆる歌舞伎俳優ではない人たちによるものだと、有名演目(四谷怪談、曽根崎心中など)の演出をアップデートしたものにしてやるもの。映画なんかでも多いですが。あるいは、歌舞伎の演劇形式を基本的にそのまま取り入れて上演しようとする、昔でいう「小芝居」のようなかたちのもの(昨年のこちらなど)。これは上演者たちの歌舞伎への憧憬をストレートに表すものといえそうです。

 それから、特定の歌舞伎演目の背景にある人間関係や題材を現代演劇として解釈し直すというやり方。このへんを挙げだすと切りがないですが(本ブログで最近とりあげたものだと、勧進帳をタイトルに用いた昨年の『今勧進帳』など)、試みとしては繰り返されているものです。


 こういう歌舞伎をモチーフにした、あるいはなぞった作品の制作者はもちろん、当の歌舞伎や演目に愛着を持っているわけです。それは木ノ下歌舞伎の制作陣だって同様なはずですが、彼らは「歌舞伎の素晴らしいところ、好きなところ」に耽溺したまま制作する、ということをしません。


 彼らはまず現代社会にあるものとしての歌舞伎を俯瞰して、違和感を確認します。先にも触れた「肝心の上演中に観客が寝ているのに、『勧進帳』はやっぱりイイと観客は評価して帰っていく」という状況は、本作で演出をつとめる杉原邦生の指摘です。幕切れの飛び六法くらいしか真剣に観ているようにみえないのに、という。
 ただ、杉原はそれを冷たい皮肉のような目線で捉えてはいない。そういう観客の「歌舞伎」(というイベント)への反応まで含めた環境全体を面白がっている。だから、その寝てしまう観客、という存在まで、実に軽やかに舞台上に現出させてしまいます。


 ストリートっぽい現代装の若者然として登場する富樫左衛門(福原冠)は、名乗りを終えると(ここの台詞は歌舞伎版に忠実)、椅子に座って関を通る人間が現れるのを待つ。そこへやってくる弁慶(John de Perczel)を含んだ義経一行。通常の歌舞伎であれば、このあたりで早くもうたた寝に入る観客があらわれます。弁慶がつらつらと台詞を述べる。と、椅子に座って読み物(歌舞伎の筋書き)をしていた富樫が、ぱたりと筋書きを手から落とす。見れば富樫はうたた寝している。このとき福原冠は富樫ではなく、弁慶一行のシーンの間に「寝てしまう観客」を舞台上で演じています。『勧進帳』と観客との関係の批評なわけですが、これが繰り返すように、歌舞伎というものを突き放した冷たい皮肉などではない。なぜなら、舞台上で彼らが作ろうとしているのはまさに最高に面白い『勧進帳』だから。


 小劇場の凝集した空間の中でビートを重く刻むBGMが、登場する人物たちの関係性をテンポ良く盛り立てる。そのリズムに促されるように、福原は「富樫」に戻り、弁慶と対峙する。演出・杉原の創る、「読み上げ」や「問答」の場面の緊張感はメリハリがあって、そこにあの「勧進帳」の、少なからぬ人々の眠気を誘うような何かは一切ない(富樫役の亀島の表情は本当にイイ)。
 筋立ても台詞も同じなのに、つまり勧進帳のやり取りや筋立てにはある意味とても忠実なのに、それが単なるトレースし直しに終わっていない。現代風の格好をした俳優が、あるいは富樫や山伏として、あるいはストリートの若者として立ちあらわれつつ、逸脱しないバランスで『勧進帳』の筋立てが遂行される。歌舞伎の専門でない人々が歌舞伎の演目を今日創ることの意味とは、まさにこういうことだと思います。少なくとも、この水準で成功しているものはそうそうお目にかかれない。


 主宰・木ノ下裕一は『勧進帳』について、テキストだけ読んでいても正直よくわからない、テキストより演技、演出の比重の方が大きい演目である、と言います。なまじ歌舞伎が好きだったり、歌舞伎に近い場所にいたいと思うと、演目等について「理解している」というふうに振舞いたいものですし、なんとなくそこで描かれている「主人への思いの深さ」とか「それに心打たれる富樫」みたいな部分に納得してしまおうとする。木ノ下歌舞伎最大の歌舞伎ファンと思しき木ノ下が、このように「わからない」と言える、その地点から始められるというのは大事なことです。その木ノ下が、先の演出・杉原のような俯瞰した視点を共有し、さらに杉原の水準の高い演出(本当に高度なバランス感覚だと思う)がそこに伴う。最高に面白い、現在系の『勧進帳』。


 『勧進帳』最大の見せ場である飛び六法は、実は本作では割愛されています。寝ている観客たちでも、最後に飛び六法だけ観れば「やっぱり勧進帳はいいね~」と言ってしまえる、あのキラーチューンはそこにない。けれど、そんなこと問題じゃない。こんなに中身を濃く味わえる『勧進帳』に会えるのだから。

(同日追記)
 世間的な立ち位置を突き放すように俯瞰しながら、対象への強いリスペクトと愛着が表現される、という点では「マッスル」と少し(あくまで少し)通じるところもあるかもしれませんね。けれど、歌舞伎と同じ「演劇」という土俵で、わりと正面から対峙してるぶん、「マッスル」にない強度を持ってる気もします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/62-26d64368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。