もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未完成の才気

*月刊「根本宗子」『根拠のない余裕』 タイニイアリス (2010.7.25)

「この1年でいろんな人に会い、私の中で‘世の中のほとんどの男性は、根拠のない自信と余裕を持っている’という持論が生まれました」
「簡単に言えば、女性のお客様がほくそ笑み、男性のお客様が悔し涙を流す芝居にしたいと思っています」

 チラシの中で不敵に笑う主宰・根本宗子は、そんなふうに挑発的な宣言をしていました。弱冠二十歳の彼女が放つ勢いとある種の青臭さ、それに目をひくチラシデザインに垣間見える軽やかな計算高さ。A4判を有効に使って、どんな意味であれ「ひっかかる」フライヤーをつくることに成功しています。新興の劇団にこうした鮮やかなセンスが備わっているのは頼もしい。

nemotoshuko20100725_b


 一方で彼女は劇をつくりながら、チラシで述べた、いささか一方的ともとれる主張を修正していったようです。「自分に甘い人が多過ぎる」という当初の彼女の苛立ちは、台本を書くにつれ、彼女自身の自分への「甘さ」と向き合う作業でもあったようで、上演された作品は先にチラシで暗示された、「男性」の根拠のない自信や甘さを突きつける劇ではありません。しかし、そこには甘えてすがるしかない人々の姿が、確実に刻印されています。


 作家志望の俊一郎が「カンヅメ」のために、恋人の彩香を連れて都会から離れた群馬のラブホテルに長期宿泊する。恋人・彩香は俊一郎の才能を妄信して、己に甘いだけのような俊一郎の我儘を、才能ゆえの敏感さと解釈して世話している。ホテルのオーナー・ちあきは彼らを嘲笑しつつ淡々と業務をこなしているが、彼女もまた彼氏からの度重なるDVを受け、隠しきれない傷跡を多数負っている。田舎の狭い人間関係の中ではその二人の問題も明白なのだが、従業員たちはそれを「見ない」ことにして日々を過ごしている。


 おそらく企画時に根本が描きたかったのであろう「男性」の己への甘さや「根拠のない余裕」は、作家志望の俊一郎に集約されています。雨で原稿用紙が濡れた、自分の嫌いな関西弁を恋人の彩香が使った、「くだらない」奴が喋ってるのを聞いてやる気がうせた、と理由をつけては機嫌を損ね、執筆から遠ざかる。彩香がご機嫌をうかがえば、素直に甘えてみせたり、細かいところでまた我儘を増殖させたり。従業員が部屋のエアコン修理に訪れ、彩香に「あの男、ただのヒモじゃん」と言えば、彩香に対して「君があんなくだらない人間と普通に会話できるのをみると不安だ」とふさぎ込む。彩香はそれらを、彼の作家としての才能に通じる繊細さであると受け止めて、甲斐甲斐しく世話を焼き続ける。不毛に見えるけなげさが痛々しい。

 こうした共依存の描写は巧く、観る者が己を自省していたたまれなくなるような水準のものになっています。二十歳、旗揚げ一年、とそこだけ聞けばこういう「巧さ」レベルは期待しないものかもしれませんが、そういうキャリアの少なさを感じさせないセンスをもった作家であるようです。


 ラブホテルを経営するちあきと恋人・信夫は、この芝居にあらわれるもうひとつの共依存。信夫はちあきのちょっとした言動に対して、自分の真意が理解されていないと苛立ち、その苛立ちに対して場を取り繕おうとするちあきに暴力をふるう。ちあきは「殴られることは、それだけ私に期待してくれてるということ」と解釈し、その実感をもたらす信夫から離れられない。傍から見れば異常に感じられるその関係を、田舎のラブホテル関係者という狭い集団の成員たちは当たり前に受け止めて、「見ない」ことにしている。


 自らの平凡さが抜きがたいコンプレックスになっている彩香は、その異常さを平然と受け止める価値観にあてられ、「変わっている」ことへの憧憬を加速させる。俊一郎が抱える(わりと他愛ない)トラウマも、作家にトラウマや傷はつきものだから、それはすごいことである、と解釈する。「変わった」価値観や才能を求め、人前でのセックスや、自分の前でデリヘル嬢とセックスすることを要求する彩香に対し、俊一郎は己の平凡さをどんどん露呈する。
 ホテル内で目撃したちょっとした流血沙汰に怯えて閉じこもる俊一郎にはそもそも、大多数の人間をくだらないと否定するほどの「異常」さも強さもない。根拠なく自分の卓越性を信じる者の弱さも、自分の平凡を過剰に否定して無理のあるエキセントリックに走ろうとする者の弱さも同じように、いたたまれない。そうした人間の姿が鮮烈に、また低からぬ水準で描けています。


 欲を言えば、その先、が描ければもっと衝撃は強かったのでしょう。優れて描けていたのは、弱い男女の共依存の姿までだったように思います。けれども、充分に巧さもセンスも見せてくれた舞台でした。平凡さを見直しかけた彩香と、その先に待つ瓦解の予感を感じさせるラストシーンの切り方も鮮やかですし、根本宗子の才気は感じざるをえない。走り出したばかりでキャリアも名声もない作家や劇団の、未完成な才能の息吹は羨ましくも心地よい。公演を追うごとに洗練させてくるであろう月刊「根本宗子」は、チェックしておいていいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/67-8a2f7ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。