もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お岩さんは素敵です

*八月花形歌舞伎第三部『通し狂言 東海道四谷怪談』 新橋演舞場 (2010.8.10)


お岩さんは気品も矜持もある武家の出です。
ということがすんなり飲み込める、上品で凛とした中村勘太郎のお岩でした。

2010_8_10_yotsuyakaidan_1

勘太郎の持つ凛々しさが最大級に発揮されるのは伊右衛門浪宅の場、すなわち伊藤喜兵衛宅からもらった薬が相貌を変える毒薬であるとも知らず、お岩が有難がりながら飲む場面。包みに入った粉薬を慎重に扱う仕草、不吉さを背後に宿した伊藤家への感謝の振る舞い、お岩さんという女性の気品と丁寧さがいちいちあらわれていて素晴らしい。そこから髪を梳く件りで頭髪が抜け落ち、目の上がただれ腫れ上がっても、舞台上から強く訴えてくるのは怪奇味ではなく彼女の品と哀しさです。雑音の少ない張りつめた時間が流れて、翻弄されるお岩の悲劇が客席にストレートに突きつけられる。


勘太郎の父中村勘三郎が伊右衛門浪宅の場のお岩を演じる際、客席からは少なからぬ笑いが起きます。
ここで幾度か書いていますが、勘三郎が舞台に居ると観客が盛り上がる準備をしてくれる割合が高まる。これは彼がその足跡によって築いてきた武器であり、同時に拭い難い困難でもあります。勘三郎が舞台に居れば何か「面白い」ことをしてくれるであろうという期待は、過剰に笑いポイントを探そうとしてしまう「笑い待ち」の観客層を増やすことに直結します。
彼が口を開けば、彼が体を動かせば、安心して笑うことができる。そんな了解を生みがちではあるため、お岩が粉薬を無駄にすまいと細かく最後の一粒まで湯に溶かそうとする仕草がコミカルと捉えられて笑いが起こり、時には相貌の変わったお岩が頭をあげてその額を露わにする場面にも笑いが生じたりする。ある種おおらかな、そうした雰囲気を許容するのも歌舞伎だとは思いますが、ドラマと観客の反応と、という関係性で見た場合やはりそれは齟齬であって、子息である勘太郎が演るお岩ではどうなのだろう、と危惧に近いものを持ってはいました。


結果、上述したように素晴らしい気品と哀しさで勤められた勘太郎のお岩には、そうした雑音の余地はありませんでした。稽古は確実に父親がつけているでしょうし、父の影から逃げることは不可能な世界です。けれども父親とはまた明らかに異なった文脈を築いて、四谷怪談を己のものにしようとしている姿を見ていけるのは非常に嬉しい。十八代勘三郎(今の勘三郎ね)の築いた功績とそれに伴う困難とは、十八代目当人こそが格闘すべきものであって、勘太郎がその文脈の余波を過剰に受けるのは好ましくありません。というか、それと異なったベクトルでもっと大きなお岩さんを創造していける可能性が、今月の彼には見えました。


非常に良い時期の花形が顔を合わせているだけあって、市川海老蔵の民谷伊右衛門、中村七之助のお袖とともに勘太郎が佐藤与茂七役で居並ぶ隠亡堀の場は、どの役者に焦点化しても見栄えを楽しめます。とはいえ、個々の見た目はともかく『四谷怪談』のお話として、各場で役者同士がスムースに溶け合っていたかというとその点はまだどうにも固いような。しかし彼らが四谷怪談のキャリアを重ねていくのはまだこれからですし、その未完成具合もまた楽しいわけですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/69-2706ca8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。