もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドメスティック宗教戦争

*NODA・MAP番外公演『表に出ろいっ!』 東京芸術劇場小ホール1 (2010.9.7)


信仰の衝突が悲劇を生む、のは特段マクロ寄りの話ばかりではなくて、いち家庭内にだってその火種はいくらもあるわけです。
2010_9_7_noda_map_1

本作に登場する父、母、娘は、自分の好きなものを妄信するゆえに、他の家族成員の価値観を疎んだり蔑視したりしていがみ合う。とはいっても彼らがハマっているのはテーマパークだったりアイドルだったりするわけで、それらを互いにくだらないだのレベルが低いだのと言い合うという、一見すると他愛のない家族喧嘩の図がそこにあります。
それは家族のバタバタとした言い争いとして描かれるし、地下鉄サリン事件を直接的にモチーフにした野田秀樹の前作『ザ・キャラクター』に比べれば、軽量級の劇とはいえるでしょう。けれども、そのくだらない家族喧嘩のはてに、ほのかに悲劇の予感を垣間見せてくれる劇になっています。それも、ある程度裕福と思しき一家三人が自宅内に居て、ガスや水道が止まっているわけでも金銭を失ったわけでもないのに餓死の危機に追いつめられるという、奇妙な悲劇の予感を。


出産間近の愛犬のために誰かが家に残って面倒を見ていなければならないが、能楽師の父は能楽師協会の人々とともにテーマパークに出かける予定、母は少年アイドルグループを観に東京ドームへ、娘はファストフード店の販促グッズを求める列に並ぶため、外出しようとする。互いが犬の面倒を押しつけようとして、自身の外出目的がいかに重要なものであるか、相手のハマっているものがより軽視していいものであるかを訴えあう。


自分の求めるものの価値を絶対視し、他者の価値観に対しては不寛容になるというどこにでもある図は、家庭内など狭い個人間で生じれば、はじめは些細な点についての口論にすぎません。しかしそれは次第に自身の立場を守るためのアドホックな主張の連続になって自己矛盾にもなっていくし、当事者同士で蓄積していった齟齬は徐々に親しい関係同士の中に内包している深い亀裂を明るみに出す。母が娘を産む際に直面した「伝統芸能」の家柄ゆえの価値観、そこに起因する夫への不信も掘り起こされてゆきます。

また娘が当初、ファストフード店の行列に並ぶと偽っていた外出の本当の目的はそれこそ直に「信仰」に結びついています。互いの価値観への不寛容や、論理が破綻していてもお構いなしに妄信する人間の姿は、この「信仰」に対する親子の衝突で最も痛切に描かれる。当事者としてそこにいたならば苛々して仕方ないであろうすれ違いは、決して観る者にとって遠いものではありません。


全編を通してコミカルに描かれていますし、淡々としたリアリズムではありません(野田秀樹ですしね)。また、その先にありうべき悲壮な展開を予感はさせるものの、悲劇にまで行ききることなく救いを見せている(救いの主が、「物音のしない民家にわざわざ興味を持ってくれる」人物、つまり……という!)。その意味で結末は暗くないのですが、「他人」ではない間柄同士が相容れない論理で解決のない衝突をし続ける中盤の展開こそが、出口のない、どうしようもない、静かな悲劇なのかもしれません。
2010_9_7_noda_map_2

「父」を演じた中村勘三郎の、彼らしいコミカルさは劇のテイストに合致していたと思います。彼が歌舞伎以外の劇に出る際、もっと「勘三郎」味を消した方が面白いのではないか、またそれができる人なのではないかと個人的には考えていました。なにをやっても「中村勘三郎」に見える、というのは両刃の剣で、現代劇では時にそれが損に働くのではないかという危惧がありました。
けれど、勘三郎印の笑いは彼の大きな魅力のひとつなのですし、効果的にそれが使えるのであればストレートにそこを強調してよいのだなと。特に彼の出演する舞台は相当数、中村屋贔屓の方が来場するわけですし、何を求められるか、ということも無視はできない。おそらくはその環境に向けて訴求力のある笑いをつくろうとしているのではないかと思われる箇所もあって、そこには幸福なパフォーマンス―オーディエンスの関係がありました。この劇に関してはそのディレクションで正解。とはいえ席数の少ない芸劇の小ホール、中村屋後援会以外にも多くチケットが回ればいいなあとも。中村勘三郎という役者に初めて接するには、こういう芝居もよいのではないかと思うので。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/71-4ac9c899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。