もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬱陶しさのその先

*月刊「根本宗子」『最低の本音』 渋谷Gallery LE DECO 4F (2011.1.26)

 自分の凡人っぷりに蓋をしつつぎりぎりのところで己の卓越性を信じ込もうとする作家志望の男性と、彼の才能を妄信し自らが「平凡」であることに過剰なコンプレックスを抱く女性の関係を軸に、2組の男女の共依存を交錯させた前作『根拠のない余裕』から半年。今作も肝になるのは2組のカップルです。前作の2組が、常軌を逸しながらも意識的無意識的に相手をどうしようもなく求めていたのに対して、今回クローズアップされるのは現状の関係に決着をつけたい側とそれを受け入れない側の意思の齟齬。2組のアプローチが一見大きく異なるところを取っ掛かりとして話が展開します。

2011_1_26_gekkan_nemotoshuko_1


 前作同様、閉塞感のある男女関係の描写にはセンスを感じます。根本宗子という人は、恋愛沙汰にまつわる男の鬱陶しさというものに敏感な人であるなと。前作の、自分の才能を妄信してくれる女性に依存し、精神的な脆弱さ不安定さを投げつける男の描き方も痛々しかったのですが、本作に登場する男たちの女性に対する執着もまた見事に見苦しい。ある者は恋人の翻意を受け止められず狼狽しながら追いかけ、また別の男は女性の行動心理を把握しているかのように錯覚しながら無自覚に彼女に執着する。その二人の男が出会ったとき、片方が他方の恋愛相談を受ける格好になりますが、自信を持てなさ過ぎる男と自信を持ち過ぎる男が話し合いながら構築する女性観は当然的外れで何一つ事態を好転させない。彼女の心が離れていくことに敏感過ぎて追いすがるのも、自らの女性への理解力を過信するのも、やっぱりどうしようもなく無神経。見ている者にとって他人事ではない、恋愛にまつわるみっともなさを間近に突きつけるというのが根本宗子という作家の大切な魅力になっています。


 海外のある国をバックパッカーとして旅する日本人カップルが、同じ日本人の営むゲストハウスを訪問する。2人はその関係に静かな齟齬を抱えながら、そのゲストハウスに宿をとる。すでに寄宿している女性からは時折とある勧誘を繰り返され、宿のオーナーも物腰は柔らかながらどこか醸し出す空気にクセがある。彼らの後にゲストハウスにやってきたもう一組の男女の異様なやりとりに関わるうち、そこに居合わせる人間たちの隠れていた関係性やトラウマが顔を出してゆく。


 展開のきっかけをもたらすのは、男それぞれの恋人となる女性2人の出会い。彼女たちは姿勢こそ真逆ではありますが、恋人との関係に望むものは一致している。そして彼女たちがその望みに向かう背景にある“トラウマ”が語られてゆく。

 実のところ、ここからクライマックスへの展開は食い足りないところが少なくありません。両者が抱えているトラウマはいずれも、たとえば直接に猟奇的なものであったりするような類のおぞましいエピソードというわけではなく、いわば周囲の人物の対応にまつわる精神的圧迫や人間不信に繋がる種類のものです。
 衝撃的な痛ましい過去が語られるというのとはいささか異なるため、劇中にあった当人たちの吐露だけではそのトラウマの根深さを伝えるためには描写不足であった気がします。そのこととも関わりますが、根本宗子演じるすみれが吐露の直後にとる行動についても、その意図がわかりにくくなっているように思います。トラウマからくる切実な跳躍であったのか、それとも余裕を持った、もう一人の女性・亜希子(富田真喜)に覚醒を促すような行動であったのか掴みきれません。どちらか明確に提示されない、という見せ方もありだと思いますが、そうであっても“トラウマ”部分を描き込んでこそ深みが出るかなと感じます。「トラウマ」という言葉が内包する深刻さに比べて、提示されるものにはっきりとした爪跡がうかがえないのが気になりました。


 そのあたりを浮き彫りにするには、もう少し上演時間が必要ではあります。上演時間1時間強とコンパクトなので気軽に観ていられる利点もありますが、それゆえに人物造形に割く部分が少なくなってしまっている印象です。上述したように、恋愛にまつわる男の面倒臭さなど、身につまされる人物描写はできる人なのです。しかしそこまででは半分で、後半の加速に必要なもう半分の人物描写にはまだ肉付けの余地が大いにあると考えます。前作でも「男女」の痛さ鬱陶しさは描き込めていました。それだけに、期待を込めてトータルの人物造形を求めたいなと。

 カップルより先に寄宿していた千恵子(花田薫子)の妄信ゆえの偏った主張、また登場人物中最大の暗部を抱えるゲストハウスのオーナー・野村(武藤心平)の秘密が明かされるラスト等、ストーリーに味わいを添えるはずの要素は揃えていますが、同様に活かしきれていなかったように見受けました。
 “幼女”にまつわるオーナー・野村の暗部は、根本演じるすみれの幼少期のトラウマと直接に結びつくものなわけで、すみれの亡骸であってすみれの亡骸でないモノが現前した瞬間、もっと大きなショックが引き出せてれば完成度はぐっと上がったでしょう。


 とはいえ、時間経過にスピード感を持たせ、キャラクターの鬱陶しさを引き出す根本演出で最後まで期待感が持続したのは確かです。俳優陣も安定しているし、根本宗子という人が持つ特有の色気やオーラが興味を繋げてもくれる。素材を展開しきれてはいなくとも、光るところのある芝居でした。年齢でものをいうのは好きではありませんが、21歳でこのように、色恋を前にした男性の鬱陶しい描写ができるのは卓越したセンスでしょうし、不満よりも期待感の方がずっと高い。少しずつ、時間をかけて描き込む手札が増えてゆくのをみていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/80-4a2e772a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。