もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詐欺の歴史

*NODA・MAP『南へ』 東京芸術劇場 中ホール (2011.2.16)

 
 蒼井優が、余裕です。
 NODA・MAPのヒロインは(あくまで「結果」として)目に見える「熱演」を迫られがちです。野田秀樹演出の独特なテンション、イントネーション、そして芝居の核心に向かうほど、芝居がテーマとしている最暗部に近づくほどに要求される饒舌さゆえに、彼女たちの姿にはぎりぎりで勝負している「一生懸命」さが滲み出る。そのことが突きつけるインパクトはもちろんあるのですが、一方でそれは常に「○○役として奮闘している俳優△△」を観客が意識し続けるということにも繋がります。違う言い方をすれば、役柄に取り組むうえで、頑張っている自分の姿を消すことはできていない、というか。そのことが必ずしもネガティブなものではないでしょうが、ノイズの要因になりうることも事実です。

2011_2_16_NODA_MAP_minamihe_1
 

 本作のヒロインはNODA・MAP初登場の蒼井優です。彼女の脅威は、あくまで肯定的な意味で、その「奮闘する己」が見えないということ。もちろん、熱演です。相当に難しい役ですし、ストーリーの最後にもっとも重い絶望を引き受けるのは彼女です。
 けれども、その段に至ってもまだ、彼女の限界点を探り当てることができませんでした。芝居に描かれるのは、数十年来この国が抱え続ける、暗く深刻なある困難。そしてその困難の源泉と合わせ鏡で描かれる、ひとつ前の世紀のこの国そのもの。その暗部の語り部となり、ついには犠牲となる蒼井の姿は重く、痛切です。この舞台で最大の核となる配役に彼女は充分に応え、驚かせてくれます。けれども、まだいくらでも手札は持っているような、これが彼女の最高値ではまったくないような、そんな恐ろしさもまた感じさせました。
 序盤の、所員たちをかき回す軽快な少女としての姿。中盤~終盤に向かい妻夫木聡演じる主役・のり平が(過去の位相において)被る理不尽さを物語の一歩外側から語り尽くしながら、実は現状最大の理不尽の犠牲として終幕を迎える姿。いずれも簡単に演じているわけではないことがすごくよくわかるし、非常に巧い。しかしまた、あくまで彼女の手の内で充分に勝負できているかの如くに見える余裕、彼女の臨界点はまだまだ先にあると思える怖さも垣間見えました。これは、だからまだ引き出し方が足りないとかそういうことではなく、あくまで役者としての底深さについての驚嘆として述べています。


 映像作品で要求される可愛さに溢れた蒼井優、雑誌等で見せるファッションアイコンとしての蒼井優。ひとつのパブリックイメージとしての「可愛い」蒼井優を我々は知っています。しかし、それらは彼女の手駒のひとつひとつではあっても、彼女を構成する要素のうち、優位な部分ではまったくないのではないか。彼女が舞台で見せる表情は、可愛さを見せるような自意識から遠く離れているし、また可愛さをあえて「隠している」ようにも見えない。可愛い彼女の姿は複製メディアにおいて至るところで見かけるけれども、可愛く見せるという指標は彼女にとってさほどの重要性・優位性を持っていないように見えます。与えられた役に必要ならば使う、単なる抽斗のひとつでしかないような。その役柄への客観性と、それゆえに獲得できる役柄への接近が、彼女の役者としての底深さなのかもしれません。ともかくも、彼女の存在がこの舞台にとって重要、かつ頼もしい大黒柱になっていることは間違いない。

2011_2_16_NODA_MAP_minamihe_2


 火山観測所に新任してきた南のり平(妻夫木聡)は、近日のデータから富士山(設定上は「無事山」?)の噴火が近いことを発見する。同時期に観測所に転がり込んできた、心中し損ねたという女性・あまね(蒼井優)に所員が振り回される日々のうち、さる高貴な人物が麓に“行幸”するという報が入る。予行としてやってきた高貴な人物の“依り代”に噴火の危険を伝えるも、行幸はキャンセルできないと突き返され当日がやってくる。一方で、あまねは自身を見つめるもうひとりの己の影に怯え、のり平は自身の記憶が定かでなくなってゆく。


 芝居のテーマのひとつが、野田秀樹演じる「VIP」の口によって劇中、二回語られます。曰く、「この国は天皇を利用した詐欺の歴史」である。また現代とは位相を異にした近世パートにおいて蒼井優演じるあまね/アマネは、「嘘をつくには手間がかかる」と言う。本物の方が手っ取り早い、嘘はわざわざ手間ひまかけねばならない。そしてその手間のうちに誠意や祈りがこめられている、と。
 この「詐欺の歴史」と「嘘にこめられる誠意や祈り」を手掛かりとしてこの話は、日本が20世紀前半に経験した禍へと、終盤に向かって急速に接近してゆく。天皇を敬う気持ちともはや峻別不可能になった「詐欺」は、一国民を体現するのり平に命を賭した決断を強いる。
 近世において噴火を予知して吹聴する“狼少年”であった彼と、20世紀前半の国民としての彼、それら異なる位相が合さりながら、のり平は自分が嘘で言っていたことが本当に嘘であってくれと祈り、嘘で言っていたこと・嘘だとわかっていたことのために命を捧げる。近年のNODA・MAP、たとえば『ロープ』や『ザ・キャラクター』でみせたような、終盤からの核心テーマへの直球なアプローチが重く、突き刺さる。


 ただし、これで落着させてはくれない。野田はこのテーマを、禍々しい過去として現在の地点から安心して見せるようなことはしません。きわめてアクチュアルに存在しているはずの闇と、それこそ我々がぼんやりと“テレビで野球”でも見ながら、ろくに自分のこととして認識せずにいる闇と密接にリンクしていることを、最終盤に来て観客に強引に思い起こさせます。
 彼の作品にしばしばみられるこうしたド直球のテーマ提示は、まさにライブの強度で突きつけられることに意義がある。そしてそのアクチュアルな闇が明示されるとき、この芝居のタイトル『南へ』のシンプルかつ重大な意味が浮かび上がる。蒼井優演じるあまねが怯えるもう一人の自分の影とは、内的なものであると同時にまた、外的な「監視」への恐怖でもある。この闇の犠牲を象徴する蒼井が舞台の奥に消えるとき、我々はこのお芝居みたいな悲劇が現在進行形であることに嫌でも思い至らされる。思い至って、だからすぐになにか即効性のある行動をとれるわけではない。けれどまずは観客が否応なくそれを想起すること、その願いがこの芝居には託されています。忘れないように。考えることを、やめないように。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/82-e8e4be0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。