もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「共感」を奪われるという残酷

*イキウメ『散歩する侵略者』 シアタートラム (2011.5.26)

 「共感」が奪われるとは、これほどに絶望的なことであるのか、と。

 イキウメの舞台演出は、一見ごく常識的な世界のような、我々の世界と地続きに思える見栄えを持っています。そこに、常識的には考えられない現象が挿入され、それが次第に社会全体に拡散していく。携わる登場人物は多くないけれど、世の中にあまねく蔓延してしまうんだろうという、嫌な予感を見せつける。そして“考えられない”状態に世界が覆われる予感とともに、薄寒さや救いのなさが突きつけられます。その救いのなさを受け止めるのはあくまで常識的な世界の人々だから、終わる頃には我々が住んでいるこの世界にその絶望が浸透している錯覚にさえ陥る。震えるほどに巧いし、怖い。

2011_5_26_ikiume_sanpo_1


 真治(窪田道聡)は数日間の行方不明ののち、まったく別人格になったかのような姿で妻・鳴海(伊勢佳世)の前にあらわれる。いままで当たり前に知っていた事柄の意味を子供のように尋ね続ける真治。脳の障害と診断されるが、自意識も受け答えの単語や速度も正常に見える。それ以前彼との結婚生活が破綻していたはずの鳴海は、戸惑いながらも彼を世話することに新たな充実感を覚え始める。一方、その町では老婆が家族を殺し自身も刃物で腹を割き自殺する事件が生じ、また他方、町に奇病が流行り出す。罹患者は皆、何かしらの“概念”が脳から失われ、その概念について理解できなくなる。


 この作品でキーとして扱われる“常識的には考えられない”事態は、「概念」を奪う/奪われるという着想です。
 町にやってきた合計三名の人間ならざる「侵略者」は、もともとその町にいた誰かの身体を乗っ取り、その人間の知識も取り込んだ上で社会の中に侵入してきますが、その知識をいわば人間的な実感に結びつけるための「概念」をもちません。それゆえ、その町に生活する人々をランダムに選んでその「概念」を学ぶ。
 ここで肝となるのは、彼ら侵略者の有する能力は概念を「奪う」という性質のものであることです。「教わる」のではない。奪われた側の人間はその「概念」が頭から欠落してしまう。それゆえ、その概念にまつわる言葉は記憶としてあっても、それが何なのか実感として全く理解できなくなる。人間の基本単位にまつわる関係性から、より抽象的な概念まで奪われる概念の枠組みは様々あらわれますが、流行の奇病が「奪われた」ことによるものだと周囲の人物が了解した途端、事態の深刻さが急速に襲ってきます。

 登場人物が義理の兄弟(の身体を借りた「侵略者」)から、ある概念を奪われたのだと、その人物の家族たちが把握した時、彼らは強い怒りを覚えますが、そもそもそうした状況自体を把握するための概念を「侵略者」は持っていないため、正当な怒りのぶつけどころがない。このディスコミュニケーションは絶望的です。かくしてこの絶望は食い止めるすべもなく、人々の更なる次元の絶望のための下準備として拡大していく。

2011_5_26_ikiume_sanpo_2


 しかし終盤、奪われることの絶望、正確には親しい人が概念を奪われることの絶望が、「侵略者」に残酷な形で返ってきます。侵略者が最後に奪った概念は、その概念の持ち主が積極的に与えにいったものでした。それまで人々から屈託なく概念を奪っては理解し糧としてきた侵略者は、最後の概念を奪った瞬間、その概念を実感することの大きさに打ちのめされる。そしてその概念を共感したくて仕方なくなる。共感するべき相手はなにより目の前にいる、「奪われた」相手その人。しかし、当の侵略者が奪った以上、その人とその概念を共有することはもう決して達成しえない。その先までは描かれませんが、侵略者がそれまでのように目的を遂行することは、もはや不可能になるでしょう。最後の奪取はそれほど大切で、それほど絶望的。


 また、奪われる側は通常、概念を奪われることなど把握しませんが、この回に限っては奪われた人物はそれを奪われることを知っていました。奪わせることによって意図を伝えようとした。なのに、侵略者に痛いほどにそれが伝わったその時、もうその人物にはその意図すらわからなくなっている。だからこそこのシーンは最悪に救いがなくて最大に愛おしい。泣き崩れる侵略者を撫で慰める“奪われた”人物の顔は優しく穏やかですが、その顔が穏やかであればあるほどに哀しい。どんなに優しい顔をしてくれても、そこに相手が求めたくて仕方のない「共感」はもう絶対に生じないのですから。


 作・演出を務める前川知大の着想や手際の鮮やかさもさることながら、この名作を大きく支えているのは役者陣の演技です。ここまで安定し、本格派らしさと知性、それに品の良さを具えた俳優陣に恵まれているというのは本当に稀有。作家が劇団所属役者の特性に合わせて役を書く、ということはよくあることでしょうが、それはただその役者たちの背格好に似つかわしいというだけのものであることもしばしばです。イキウメの役者たちはそれぞれに当てて割り振られた役を、高レベルで引き受けてきちんとオーセンティックな匂いのする水準に仕上げている。イキウメを観るとその後、小劇場系の俳優をみる目が厳しくなってしまうのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/87-5555295f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。