もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉大な第二歩目

*TOKYO IDOL FESTIVAL 2011~Eco & Smile~ お台場・青海特設会場 (2011.8.27,28)

2011_8_TIF_1

 「2回目」が実現したこと、そして“フェス”としての成熟度が確実に増したことがなによりも祝福されるべきことではないでしょうか。

 昨年の8月に行われたTOKYO IDOL FESTIVAL 2010の際、再びこうした機会が実現してほしいという声は各所で耳にしましたし、個人的にも毎年の恒例になれば理想的だと考えていました。しかし、先例もなく、動員数や会場運営の仕方も手探りの感が強かった前回興行時点では、皆願望はあっても「来年がある」ことへの期待に強い手応えは持てなかったはずです。AKB48やハロー!プロジェクト関連、あるいはPerfumeといった、現在のアイドルシーンで最大級のネームバリューと動員力を誇るグループを招聘せず、会場も品川駅付近に点在する複数の施設を使用するというスタイルで開催された昨年のフェスはまだその位置づけが明快に見えづらい部分もありました。また一方でその招聘グループのセレクトと入場料の高さにより適度にゆったりした観客数となったゆえに結果的に実現したある種の快適さは、2010年限りのものでしかないのではないかという予想もされました。

2001_8_TIF_2
2011_8_TIF_3

 しかし形がどうであれ(といっても2010年のフェスはとても素晴らしいものでしたが)、先例を作ったことで、2011年開催にとっての大事な足場になったことは間違いないでしょう。昨年のAKB48やハロプロ、Perfumeに加え、今年になって知名度、存在感の格段に大きくなったももいろクローバーもフェスに参加しないことが早々に判明していました。しかし昨年、招聘グループの基準が示されていたことで、少なくとも現状のTOKYO IDOL FESTIVAL(以下TIF)に関してはこのくらいの規模で開催される、ということが自然に了解される素地ができていたように思います(それはまた昨年のTIFが、それでも充分に楽しい空間であったという実績によってもいるのですが)。

 また昨年のTIFの快適さの大きな要因であった、来場者数が多すぎないゆえののんびりした空気が、アイドルシーンの変化やもろもろの環境(ラインナップや実質昨年の数分の一の値に設定されたチケット価格、会場変更等)によって悪い方向に一変してしまうのではという危惧も、蓋を開ければほとんど杞憂でした。確かに昨年と同じ空気ではあり得ませんが、祭的な開放感と高揚感を大きく強める方向に進んだことは、フェス的空間を作る上で良かったと思います。


 フジテレビの門澤清太プロデューサーがTIFの総合プロデューサーを務めていることから、今年の会場はフジテレビ湾岸スタジオ及びスタジオ前の広場(湾岸スタジオとゆりかもめ「テレコムセンター」駅と日本科学未来館に囲まれたスペース)。屋外の広場に設えられたステージは無料開放されてチケットなしでも観覧自由、チケットの必要な湾岸スタジオ内は収録スタジオと屋上ステージ等が設けられました(TIFのクレジットにフジテレビの名前はなく、主要事業の位置づけではないのでしょうが)。

2011_8_TIF_5


 ステージごとに比較しての評価でいうならば、会期中随一の高揚感、音楽フェス的な空気の創出に貢献していたのは、無料で観覧できる野外ステージでした。ステージから遠く離れた後方まで広がった芝生の上で、あるいは飛び跳ねあるいは芝に座りながら終日ライブを堪能できるというのは、やはり最高に心地良い。陽も落ちた二日目のグランドフィナーレ後、アンコールとして無料ステージで出演者たちのうち数十人が揃いライブを行いました(各アイドルの持ち歌ではなく『雨上がりの夜空に』『睡蓮花』『One Night Carnival』などを生バンドで)が、この最後のステージが真にフェスらしい高揚感に溢れたものになったのは、夏の夜を感じられる屋外の広場という立地によるところが大きいでしょう。この野外のフリーな空間は次回以降の開催でもぜひ大事にしていただけたらと。

2011_8_TIF_4


 また他方、テレビ局の所有する施設を使用できるという条件ゆえに成し得た舞台として特筆すべきは、湾岸スタジオ屋上につくられたSKY STAGEです。アイドルたちが躍動する舞台の背後には壁や地面を感じさせるものはなく、高層階からの台場の眺望があるばかり。青空とフジテレビ社屋を借景にした高層階のステージは、中央のテレビ局というある種の「俗」を強く感じさせるものでありながらまた一方でそれ以上に、ちょっと「俗」から切り離されたようにも思える不思議なバランスの空間でした。天空のステージに登場したTwinklestars、東京女子流、DOROTHY LITTLE HAPPYらのパフォーマンスはその不思議なバランスの空間の中で、まさに「地上」とは確実に異なる時間を演出していました。


 もちろんフェスとしてはまだ粗も目につきます。テレビの収録スタジオをそのまま使用した二つのステージに向かうまでの道程はフジテレビの倉庫の内部が装飾もなくむきだされていて、ステージへの誘導看板も幾分のおざなり感は否めません。それら収録スタジオのステージへの出入りは、普段の収録で人間が使用する小さなドアしか開放されておらず、千人単位の人間が移動するには出入口が狭すぎることも課題でしょう。またスカイステージや物販エリアへのアクセスがエレベーター二機のみであるゆえに利用するまでに長い列を作らねばならず、物理的にはすぐ近くにありながら移動に時間と手間がかかるのも難点ではあります(来場者数的に、階段を使用可にすると事故のリスクも増えるので今回のこの措置については理解はできます)。

2011_8_TIF_6


 とはいえ、フェスらしさ、開放的な楽しさという面で昨年から格段の進歩をしていることは疑いようがありません。アイドルが集うことそれのみの豪華さという要素だけではなく、そのことによる祝祭空間を現出できるようになったことの意義は本当に大きいと思います。アイドルのパフォーマンスを大事にすると同時に、この場所を大事にしたいという機運が高まる契機に、今回がなってくれれば良いなと願います。

 先に、今回のフェス随一の高揚感が無料エリアにあった、と書きました。このことは、こと今回に関しては来場者に「無料のエリアだけで充分だ」と思わせるものであったかもしれません。けれども長期的に見て、無料エリアであれ堪能することでこの幸せな空間を維持してほしいと考えるアイドルファンが増えるのならば、そのためにチケットを買って貢献しようという向きも増えるのではないかと思います。こうしたアイドルシーン活況の象徴が開催されることの楽しさはチケットを買った買わなかった問わず、少なからぬ人々に届いたのではないでしょうか。
 「誰々が出るから行きたい」よりも「アイドルフェスという空間に寄り添いたいから」会場に赴きチケットを買う。毎年の開催を経ることでそうした習慣付けができるのならば理想的です。
 アンコールステージの最後、風男塾の青明寺浦正が「来年も再来年もTOKYO IDOL FESTIVALで会おうぜ!」と叫びました。昨年には実現度の覚束ない希望であったその言葉ですが、今年はよりはっきりと「次回」を見据えることができる。完全にプロトタイプであった昨年に続いて、空白を置かずに、また格段のレベルアップをもって第二回が開催できたのは素直に喜ばしいことだったと思います。

2011_8_TIF_7
2011_8_TIF_8
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/89-d727e1a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。