もう安心 

~演劇とアイドルと何かと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケメンパラダイス!

*柿喰う客 女体シェイクスピア001『悩殺ハムレット』 シアタートラム (2011.9.22)

2011_9_22_kakikuukyaku_noh-satsu_hamlet_1

 「圧倒的なフィクション」というキャッチフレーズに象徴される柿喰う客のセリフ発声や身体技法は、高揚感を保ったまま、かといって一本調子なハイテンションに陥らない独特の言語感覚で抑揚をつけることで、ダレ場をつくらぬまま上演時間を駆け抜けます。そのスタイルゆえ言葉選びや演者の身体の動かし方に注目が向かいがちですが、柿喰う客は非常に、ルックス的な意味で見栄えの良い(また良く見せることが巧い)劇団でもあるのです。


 その特性を存分に見せつけてくれるのが劇団の新機軸、女体シェイクスピアシリーズです(女体シェイクスピアはまだこの一作のみですが、シリーズ化される模様)。女性キャストのみによるシェイクスピア戯曲の柿喰う客的翻訳ともいうべきこのプロジェクトは、劇団の有する見栄えの良さがとりわけ際立ちます。

 その肝となるのは、男装キャストの凛々しさ、キュートさでしょう。スーツスタイルを基調とした衣裳、ヘアメイクに気を遣っている(凝ればいい、オリジナルで作ればいいというものではありません)ことはもちろん、セリフのつけ方、立ち居振舞いまで込みで「格好良い男たち」に見せることができている。ルックスでセンスを見せるということは、演劇において決して軽視していいものではないのです。
 劇団の作・演出者である中屋敷法仁は自身のツイッターで、俳優への“かっこいい”“かわいい”という評が低くみられることについて異議を唱え、ヴィジュアルへの意識を等閑視せぬよう述べています。歌ものアイドルのライブや宝塚歌劇のように、ヴィジュアルに意匠を凝らすことへの志向が明確であり、そのために少なからぬ資金投入もできるようなステージとは異なる小劇場演劇で、格好良さを表現しようとし、またそれをハイレベルに達成するというのは容易なことではありません。『悩殺ハムレット』はまず、その点において高く評価されるべきです。


 とはいえそれは素の身体に衣裳をまとわせればスター然としたものが出来上がるわけではもちろんなく。柿喰う客特有の、テンションを保ちながら時に極端な肢体の躍動が表現されてこそ、「見栄え」は完成します。男装キャストは虚構の端正な男性としての、女性役キャストもまた虚構性の強い女性としての色気をオーバーに表現する。先のツイッター上のポストで中屋敷法仁が歌舞伎や宝塚を例示していたのが非常に得心できる、虚構ゆえに醸される過剰な色気、格好良さ。そこに酔えるだけでもう、この芝居は勝ちです。


 ストーリー自体はシェイクスピアの『ハムレット』です。翻案や改作といえるような、話の展開に関わる大きな改変はありません。ただし圧倒的に異なるのはセリフの翻訳。作・演出者得意の、ネットスラング等各種メディアで見聞する表現や街頭ゲーム等で世間に浸透している言い回しなど、レンジの広い語彙のチョイスはやはり流石。そしてまた、全体のトーンを支えている現代日本の若者的な“チャラい”言葉遣い。これらの言葉がたたみかけるように『ハムレット』を進行してゆきます。

 しかし表立った特徴として目につくこの“チャラい”言葉遣いは、いわゆる古典を今っぽい感じに訳しました、という程度の「現代風」の試みに留まるものではありません。演出者はこうした翻訳の際の語彙をただの今っぽさとして用いているわけではない。軽薄な若者言葉だって、ただ並べれば面白くなるというものではないのですから。

 幅広く収集され現代調の見た目に並べられた語彙群は、あくまで言葉のリズムやニュアンスの妙として面白い抑揚をつけるための駒です。安易な“現代版ハムレット”などを目指すものではない。だから採集される言葉はいわゆる今風の箇所からとられたものばかりではないし、古典的な翻訳をそのまま用いている箇所もある。調子がワンパターンにならないバランスの良さからは、中屋敷法仁のセンスがうかがい知れます。一方で、こうした振れ幅の広い遊びを、『ハムレット』という絶対的なクラシックが基盤として支えていることもまた感じます。本作品の制作にあたって中屋敷演出は『ハムレット』という背骨を信頼することができる。演出者の手腕と古典というものの強さが幸せに相乗効果を見せているといえるでしょう。

2011_9_22_kakikuukyaku_noh-satsu_hamlet_2

 テンポの良さを強く感じさせる芝居のグルーヴ感と、格好良さを表現しきった演者、秀逸な言語感覚。格好つけることを重要なポイントとした芝居できちんと格好良いということは、シンプルにすごいことだと思います。芝居を観ながら、「柿喰う客がアイドル演劇を演出したら」と夢想しかかりましたが、最高に格好良くて可愛いアイドル演劇はすでに目の前にありました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katzki.blog65.fc2.com/tb.php/91-193ac210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。